ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2015年11月16日

IDCが衝撃予測!5年後にITベンダーの3割が消滅、インフラの6割超がクラウド化

米IDCは4日、2016年以降の世界的なIT産業の動向予測を「IDC FutureScapeレポート」として発表した。今後の鍵は、大規模なユーザー関係構築、価値あるデータパイプライン構築、開発チームの拡大と変化になるという。

関連記事
 IDCは、第三のプラットフォーム(モバイル、ソーシャル、ビッグデータ、クラウド)が、全産業で広範囲なデジタルトランスフォーメーション(DX)を引き起こし、今後3〜5年にわたって「DXエコノミー」が台頭すると予測した。

 また、今後2年以内に、世界の上位2000社(フォーブス・グローバル2000)の3分の2のCEOが、成長・収益性戦略の中心にDXを据え、発達したDX戦略を実行する企業の割合は現在の倍になるという。

 IDCシニアバイスプレジデント兼チーフアナリストのフランク・ジェンス氏は、「DXの破壊的変化はあらゆる産業の体感するところとなり、DXエコノミーでリーダーシップを確保するためのDXイニシアティブを大きく拡大することになる」と指摘している。

 IDCの予測は以下の通り。

■DXエコノミーの台頭
第3のプラットフォームが全産業で広範囲なデジタルトランスフォーメーション(DX)を牽引するイノベーションステージに移行する2016年に、「DXエコノミー」が台頭する。

■DXビジネス戦略
今後2年以内にGlobal 2000企業の3分の2のCEOが、成長・収益性戦略の中心にDXを据え、DXエコノミーにおけるリーダーシップ獲得を狙い、発達したDX戦略を実行する企業の割合は現在の倍になる。

■第3のプラットフォームIT
DXエコノミービジネスの実現のための投資は、今後24カ月以内に、企業のIT支出の50%以上を占め、2020年には60%に達する。

■クラウドコア
2018年には、企業のITインフラとソフトウェア投資の50%以上がクラウドベースになり、2020年には60〜70%に達する。

■イノベーションキャパシティ
DXイニシアティブを追求する企業では、2018年にはソフトウェア開発チームの規模が現在の倍になり、開発チームはDXイニシアティブに重点をおくようになる。

■データパイプライン
DXイニシアティブを追求する企業では、外部からのデータパイプライン数は2018年までに現在の3〜5倍に増加し、データ市場へのデータ配信量は現在の100倍に増加する。

■インテリジェントエッジ
DXエコノミーの成長は、IoT分野に支えられることになる。2018年までにIoTデバイス数は現在の2倍以上の220億台に達し、20万種類以上の新しいアプリケーションとソリューションの出現を促す。

■リアルタイムな知見
認知ソフトウェアのプラットフォームへの支出は2016年に10億ドルを超えることになる。2018年までに企業の開発者チームの50%以上が認知サービスアプリケーションを取り入れる。

■デジタルサプライネットワーク
産業特化型クラウド数は現在100余りだが、2018年までに500以上に増加する。DXイニシアティブを追求する企業の80%が2018年までに産業特化型クラウドの構築・提携を行う。

■顧客関係
DXエコノミーにより価格破壊が起こり、顧客数の1,000〜10,000倍化を企業に促し、2018年までにB2B企業の60%、B2C企業の80%がカスタマーエンゲージメントシステムを再構築する。

■ベンダーの生存
DXエコノミーの進展により2020年までに、ITベンダーの30%が買収、合併、事業縮小などにより市場から消滅する。企業はITベンダーとの関係を見直す必要に迫られる。


この記事のご感想をお聞かせください。〜IDCが衝撃予測!5年後にITベンダーの3割が消滅、インフラの6割超がクラウド化(s)

ご投稿いただいた内容は、個人情報を含まない形で今後の編集の参考や弊社メディアでご紹介させていただくことがございます。 あらかじめご了承ください。(正しくご投稿いただいた場合、このアンケートフォームは今後表示されません)
1 この記事はあなたの業務に役立ちましたか?  
1. 非常に役に立った
2. 役に立った
3. 普通
4. あまり役に立たない
5. 全然役に立たない
2 あなたはこの記事をどこで知りましたか?  
1. メールマガジン「ビジネス+IT通信」
2. 「ビジネス+IT」トップページ
3. 検索エンジン
4. 上司、同僚等からの紹介
5. その他
3 この記事のご感想やご意見など、ご自由にお書きください  

おすすめ記事

イノベーション ジャンルのトピックス

一覧へ

イノベーション ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング