ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2015年11月20日

第6世代インテル Core プロセッサー搭載モデルが続々登場

東芝、法人向けノートPCの秋冬モデル「dynabook R73」など6機種発表

東芝は17日、13.3型ノートPC「dynabook R73」など、計6機種の法人向けノートPCの秋冬モデルを発表。11月下旬から順次販売開始する。

 今回発表された法人向けノートPCは、低消費電力の第6世代インテル Core プロセッサーを搭載した2015年秋冬モデル6機種。

 新機種のひとつである13.3型ノートPC「dynabook R73」は、持ち運びやすさ、導入しやすさ、使いやすさの両立を目指して開発された。特長は大きく、長時間駆動、薄型、拡張性と操作性、堅牢性の4つだ。

photo

13.3型ノートPC「dynabook R73」


長時間駆動
 電力消費の少ない第6世代インテル Core プロセッサー(コードネーム:Skylake)を搭載し、従来モデルに比較して、約30%の節電が可能。加えて、独自のすり合わせ技術によって最大約14時間の長時間駆動が可能だという。

薄型化
 旧型モデルの「dynabook R734」と比較して最大約7.1mmの薄型化を実現し、最厚部の高さは約21.4mmに。質量も約1.18kgと軽量になったほか、ACアダプタも従来から約110gも軽量、小型になった。

拡張性と操作性
 内蔵光学ドライブ、高速SSD、指紋センサーなどを用途に応じて選択可能。また、USB3.0×3、RGB、HDMIR、LANなどビジネスに必須のインターフェースを標準搭載。キーボードは1.5mmのキーストロークとし、左右のクリックボタンをセパレートにしたタッチパッドを採用している。

堅牢性
 部品点数を削減することで、部品に起因する障害発生リスクの低減を図った。また、3D加速度センサーやHDDフローティング構造を採用し、移動や落下等による振動・衝撃からデータを保護。ドイツの認証機関TUVでの加圧、落下テスト、防滴テストなどを行い、製品の堅牢性も検証した。

photo
(クリックで拡大)

そのほか法人向けモデル計6機種


 また「dynabook R73」のほかにも、11月下旬には13.3型ビジネスモバイル「dynabook R63」、デタッチャブル(脱着式)で軽量タブレットにもなる12.5型ビジネスモバイル「dynabook R82」も発売される。12月末には、14.0型オールインワンビジネスノート「dynabook B54」、14.0型ビジネスモバイル「dynabook R64」が発売予定。

PC・ノートPC ジャンルのトピックス

一覧へ

PC・ノートPC ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

dynabook 東芝

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング