ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

関連ジャンル

グローバル化 IT市場調査

会員限定

2015年12月09日

建設業界の世界ランキング:大林組や清水建設らゼネコンは再び世界で戦えるか

世界の建設業界を規模で見れば、今や中国建設工程、中国鉄建、中国中鉄といった中国企業に席巻されている。中国では、経済成長に伴う建設ラッシュで依然、建設業が伸び盛りなのだ。それに続くバンシ、グルポACS、ベクテルといった欧米勢も、海外事業の拡大が奏功し、健在だ。一方、かつて欧米の建設会社と覇権を争っていた大林組、清水建設などの日本のスーパーゼネコンは、国内需要の冷え込みや海外進出の出遅れが響き、トップテン圏外に脱落している。しかし、最近では国内需要が持ち直しており、海外にも積極展開していけば、昔日の栄光を取り戻すチャンスも巡ってこよう。

執筆:野澤 正毅 企画・構成:編集部 松尾慎司

photo

建設業は、最古の伝統を誇る産業の一つと言える


建設業は、最古の伝統を誇る産業の一つ

関連記事
 建設業は、最古の伝統を誇る産業の一つと言ってもいいだろう。おそらく人類が洞窟から出て、木や石で家を建てたときから、建設の歴史は始まった。やがて文明が起こると、エジプトのピラミッド、ギリシャのパルテノン神殿といった巨大建造物も作られるようになり、モニュメントとして今に残されている。

 日本では、法隆寺(奈良県)が世界最古の木造建築(607年建立)として知られており、当時の“匠の技”がいかに優れていたかを物語っている。ちなみに、法隆寺の造営に携わった金剛組(大阪府)は、聖徳太子が百済から招いた宮大工が578年に創業した建設会社。世界最古の企業と言われている。

 建設業は、住宅やビル、店舗、工場、道路、空港、ダム、水道、トンネル、橋など、ありとあらゆる建造物を作る仕事だが、大きくは土木工事業、建設工事業の二つに分けられる。土木工事業は、道路や水道の整備、宅地造成といった社会インフラの構築を担う。一方、建築工事業は、そうした社会インフラを基礎として、一戸建て住宅やマンションといった居住用建物、ビルや工場といった事業用建物を建てる。

 建設の仕事は、さまざまな技術者、職人が集まって、力を合わせて行う。そのため、建設業は重層的な産業構造になっているのも特徴だ。

 日本の建設業界では、総合建設会社=ゼネラル・コントラクター(ゼネコン)が頂点に立っている。“建設会社”とはふつう、ゼネコンを指す。ゼネコンは、元請け業者として発注者(施主)から土木・建築工事を引き受け、設計・施工計画の立案、工程管理など工事全般を取り仕切る。

 ただし、工事は自社では直接行わず、下請け業者に委託するのが一般的だ。ゼネコンと一口に言っても、国際的に事業展開しているスーパーゼネコンから、スーパーゼネコンの下請けもする地場ゼネコンまで、大小さまざまな企業がある。

 ゼネコンの下請けとして、電気工事、空調設備工事、水道工事、機械設備工事などを請け負う設備会社(サブ・コントラクター)をはじめ、解体業、鳶・土工、舗装工事業、大工、左官、塗装業といった専門工事会社が、分業で工事に参加している。

 また、建設業界には、埋め立て工事、港湾工事など海洋土木工事を行うマリン・コントラクター(マリコン)、ハウスメーカー、リフォーム会社、設計事務所、建設コンサルタントといった専門会社もある。

建設ラッシュを背景に第1〜4位を中国勢が独占

 建設業界の売上高世界ランキングは以下の通りだ。

photo
(クリックで拡大)

建設業界の世界ランキング(売上高)


【次ページ】日本の建設会社の海外受注比率はわずか●●%

グローバル化 ジャンルのセミナー

一覧へ

グローバル化 ジャンルのトピックス

一覧へ

グローバル化 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング