ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2015年12月07日

家具事業「暮らしのデザイン」、ニッセンからプラスへ譲渡される

ニッセンは7日、ファミリー向け家具・インテリアの通販ブランド「暮らしのデザイン」事業をプラスに譲渡することを決定し、両社は事業譲渡契約を締結した。

 通販カタログ誌「暮らしのデザイン」は1994年に創刊。書店・コンビニエンスストア・スーパーで販売され、最終号(2015年秋冬号)の発行部数は18万2千部。21年間の累計顧客は188万人。来年5月よりプラスのファニチャーカンパニーが運営する予定だという。

関連記事
 現在プラスは、オフィス家具の製造・販売を主力事業としている。1999年からは「楽しい仕事場R」をテーマとしたオフィス・家庭向けのオリジナル家具ブランド「Garage(ガラージ)」を展開している。今回「暮らしのデザイン」の事業スキームを譲り受けることにより、ホームファニチャービジネスに本格参入することになる。

 プラスとしては、これまでオフィス家具メーカーとして培った経験・技術を活かすとともに、製品企画・調達等のノウハウを融合・最大化し、新規事業基盤を構築する狙いがある。事業譲渡は31日の予定。

 ニッセンは10月時点の売上累計が前年同期比82.1%となるなど、苦戦を強いられている。

photo
(クリックで拡大)

ニッセンの2015年10月度月次売上概況


M&A・提携・協業 ジャンルのトピックス

一覧へ

関連キーワード

プラス ニッセン

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング