ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2016年01月18日

ガートナーがIoTで衝撃予測!2020年までに起こる、だれも予期しなかった変革

14日、米調査会社ガートナーが、2020年までのIT市場予測を発表した。ガートナーによると、2020年までに半数以上の主要な新規事業プロセスと新システムが、何らかの形でIoTに結び付くという。センサーの付いた物理的なモノがツールと化し、それらをデバイス、システム、人などにつなげるコストが減少するにつれ、消費者と企業に対するIoTの影響は急速に拡大していくと指摘する。

photo

ガートナーが予測するIoTの動きとは


「非実用的だったIoT利用はますます実用的になる。IoTはすべてのアプリケーションというわけではないが、実質的にすべての産業に関わる。純粋な『IoTアプリケーション』などというものはないが、そのパフォーマンスを大なり小なり活用するアプリケーションは増えることになる。その結果、情報のプロセスを専門とするビジネスアナリストとデベロッパーは、自分たちシステムの中で役割を果たすIoTを使いこなすノウハウとツールを持たなくてはならない」(ガートナー ヴァイスプレジデント兼最上級アナリストW・ロイ・シュルツ氏)

 ガートナーはIoTに関し、これとは別にいくつかの予測も披露した。

2018年を通して、75%のプロジェクトの工数が2倍に

 ガートナーの予測によると、4分の3のIoTプロジェクトが、100%のスケジュール延長とコスト超過に直面するという。プロジェクトが野心的で、複雑であればあるほど、スケジュールも長期化する。また、プロジェクトの中には、スケジュールを守るために妥協し、パフォーマンス、セキュリティ、あるいは既存のプロセス内のインテグレーションに深刻な脆弱性を残すものも出てくるという。中長期的な観点では、このような妥協により、IoTプロジェクトの内部改善が必要とされ、プロジェクトの差し戻しや移動の可能性もあるとした。

「製品が中心の(プロダクトセンタード)企業は、最悪の影響を受けるだろう。こういった企業はよりスマートな、インターネットと繋がったプロダクトをローンチしようとするが、その動きは往々にしてIoTプロダクトの競争に取り組むための受身で戦術的なアプローチでしかない。しかし、コスト削減にフォーカスするであろう内部中心のプロジェクトを推進する企業にとっても、人的な問題はあるだろう。これらの多くの問題は、新しいテクノロジーモデルの一般導入において集中的に起きるであろうものだ。新しいテクノロジーモデルは、プロセスとカルチャーの変化を要するビジネスモデルの台頭によって、より複雑化するだろう。これら両方に対して行動を起こすことにより、プロジェクトのスケジュールが遅延するとみている」(ガートナー リサーチヴァイスプレジデント アルフォンソ・ベローサ氏)

IT市場調査 ジャンルのトピックス

一覧へ

IT市場調査 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

市場予測 IoT記事 ガートナー

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング