ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2016年02月22日

小田急グループが農業ビジネス参入 農業ベンチャー銀座農園に出資で高糖度トマト栽培

小田急グループの小田急電鉄と神奈川中央交通は22日、共同で農業ビジネスに参入することを発表した。

photo

高糖度ミニトマト(イメージ)

 今回の発表は、神奈川中央交通が相模原市に保有する未利用地を、小田急電鉄が整備して「高糖度ミニトマト」を生産するというもの。生産、収穫・出荷に関する業務は海外でも事業展開する農業ベンチャーで「銀座農園」に委託する。

 生産した高糖度ミニトマトは、沿線の小田急系スーパーで販売し、順次小田急ならびに神奈中グループの百貨店、ホテル、レストラン等へも展開される。

 小田急グループは今回の取り組みにより、新たに生産事業を立ち上げグループで販売することで、事業機会創出と収益向上を目指す。今回の生産スキームは、ICT技術と最新の栽培技術を活用するため、成育状況を常時監視・把握するとともに、労働負荷の大幅な軽減が図られるという。今後の事業展開を通じて、社会的課題となっている休耕地問題の解消や就労機会の創出など地域の活性化にもつなげていく考え。

photo
(クリックで拡大)

事業スキームイメージ


小田急グループの「長期ビジョン2020」では、2020年度までを「収益基盤を強化し事業成長すべき期間」と位置付けている。今回の農業ビジネス参入は、中期経営計画において設定している成長のための投資枠を活用したもの。小田急グループでは今後も、ベンチャー企業への投資やM&A等を通じて、積極的に新たな事業分野に進出していくという。

関連記事

新規事業 ジャンルのトピックス

一覧へ

新規事業 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

小田急電鉄

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング