ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2016年03月15日

ブロックチェーンへの参入企業は700社超に

金融機関の8割超、フィンテックにビジネスを奪われると危惧

PwCは15日、FinTech(フィンテック)に関する調査レポートを発表した。本調査レポートによれば、従来型の金融機関の回答者の83%は、独立系のフィンテック企業にビジネスの一部を奪われることを危惧していることがわかった。また、銀行の場合、その比率は95%に達するという。

FinTech(フィンテック)とは
FinTech(フィンテック)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を掛け合わせた造語である。従来の金融機関では提供できなかった領域においてIT技術を活用して提供する金融サービスを意味する。

photo


 調査では、46カ国の金融サービス業界においてデジタルとITによる変革に関わっている、CEO、イノベーション部門責任者、CIO、および経営者を含む544名から回答を得た。

 従来型の金融機関は、フィンテックがさらに発展した場合には自社のビジネスの23%が脅威にさらされると考える一方で、フィンテック企業側は従来型金融機関のビジネスのうち33%を獲得できると予想した。

銀行と決済業界が最もフィンテックの影響を受ける

 この調査では、銀行と決済業界がフィンテック企業の影響を最も感じていることが示されたという。資金振替と決済業界からの回答者は今後5年間のうちに市場シェアの最大28%をフィンテック企業に奪われる恐れがあると考えており、また銀行では24%を失うと予測している。

 これに対しアセットマネジメントとウェルスマネジメントでは約22%、保険業界では21%だった。

フィンテックからの最大の脅威

金融業IT ジャンルのセミナー

一覧へ

金融業IT ジャンルのトピックス

一覧へ

金融業IT ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング