ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2016年04月06日

損保ジャパン日本興亜システムズ、CAのDevOpsツールを採用 アジャイル開発を強化

損保ジャパン日本興亜システムズは、アプリケーション開発プロジェクトにアプリケーションテストを効率化するCA Service Virtualizationと継続的デリバリーを実現するCA Release Automationを採用した。

 損保ジャパン日本興亜システムズは、損保ジャパン日本興亜グループのシステム子会社。同社は、アプリケーション開発プロジェクトのスピードを高めるためにアジャイル開発手法を採用してプロジェクトに着手したという。

 同社ではアジャイル開発のスピードをさらに高めるため、アプリケーションのテストとリリース工程をツールにより自動化することを検討、製品評価を実施。その結果、CAのDevOpsツール2製品の採用を決定した。

 CA DevOps製品が採用された理由は大きく4つ。

 1つ目は、これまで手作業で実施していたアプリケーションのデプロイ作業をCA Release Automationで自動化することにより、デプロイ作業に要する時間とエラーが大幅に削減される点。

 2つ目は、開発環境、テスト環境に対しても同じリリース手順が適用され、継続的デリバリーが実現できること。

 3つ目は、テスト工程において、開発中の繰り返しテストが頻繁に発生する状況下において、CA Service Virtualizationによって開発中アプリケーションのテストを自動的に実施することができる点。

 その結果、テストのスケジュールを前倒しすることができるだけでなく、より広範なテストを行うことができるようになり、品質の担保が期待できるという。

 4つ目は、プログラム開発〜ビルド〜アプリケーションのデプロイ〜テストの自動実行という一連の流れにわたって自動化することにより、開発の効率を高め、開発期間を有効に利用することが期待できること。

 同社では「業界トップのスピードと競争力を持つ先端システムの構築」を目指し、アジャイル開発とDevOpsツールのさらなる活用を予定しているという。

関連記事

開発ツール・開発言語 ジャンルのトピックス

一覧へ

開発ツール・開発言語 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング