ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2016年04月07日

YOSHIKI氏が体現する「AIにできない音楽」 楽天 三木谷氏指揮でピアノ即興演奏

「AIが人の感情や表情を判断し、即興で音楽に表現できるだろうか」。世界的ロックバンド、X JAPANのYOSHIKI氏が新経済サミット2016のスペシャルセッションに登壇し、楽天 三木谷 浩史氏の指揮に合わせてピアノで即興演奏した。

(執筆:編集部 時田 信太朗)

photo

作曲家 プロデューサー アントレプレナー YOSHIKI氏


YOSHIKI氏「音楽は本来デジタル、実は数学が得意だった」

 セッションの冒頭、X JAPANのヒット曲「Forever Love」をストリングスを従えてピアノで演奏したYOSHIKI氏。近年、AIの進化が社会にインパクトを及ぼしているが、同氏は「音楽業界においても、データを解析して人の感情を揺さぶるコード進行、メロディを作れるAIが、既存の作曲家の競争相手になり得る」とし、次のように続けた。

「私は学生時代、実は数学が得意だったが、本来、音楽はデジタルで数学的な側面を持っている。音の強弱、スピード、コード進行などはすべて計算できる。同じ音を、曲の中で同じ回数だけ使うという計算をして音楽を作るという作曲家もいる」(YOSHIKI氏)

 次に、モデレータから「人間にできて、AIにできない音楽はあるのだろうか」という主旨の質問を受けたYOSHIKI氏は「人の感情を即興演奏にできるかどうか」という点に関して次のように持論を述べた。

「AIが即興で、嬉しい、悲しいといった人の感情をコードや旋律に落として演奏できるかもしれないし、できないかもしれない。説明できないのだが、私の場合はメロディを作るとき『どこからか旋律が降ってくる』ので」

三木谷氏の指揮でピアノ演奏、YOSHIKI氏は「表情を見ていた」

 ここでYOSHIKI氏は「僕は普段ドラムスティックを持っているが」と前置きして、オーケストラの指揮者が使うタクト(指揮棒)をポケットから取り出した。さらに、その指揮棒を三木谷氏に渡し、三木谷氏の指揮に合わせてピアノを即興演奏することを提案したのだ。

 これを受けて、三木谷氏は緊張した面持ちながらも快諾し、YOSHIKI氏のピアノ演奏を即興で指揮した。約1分程度の演奏会を終えた三木谷氏は「すごく緊張したが、自分の感情がたかぶり、それが音楽につながったような気持ちになった」と感想を述べた。

 これを受けてYOSHIKI氏は「(演奏中は)三木谷氏の顔の表情を見ていた。すごく緊張していたが、だんだん表情に幸福感が表れていると感じたので、それをピアノ表現した」と語った。人の感情を即興で音楽として表現することは人間ならではの音楽であるという考えを、自らで体現した形だ。

photo

三木谷氏の指揮に合わせてピアノの即興演奏をするYOSHIKI氏。この時、同氏は三木谷氏の表情を見ている


 実はこの即興演奏が行われる直前、講演の中では三木谷氏とYOSHIKI氏が年末に聴いた、「ベートーヴェンの第九を演奏した指揮者」について話題が及んでいた。

「東京フィル(ハーモニー)の方と話をしたことがあり、『物語を語るのが音楽だ』とおっしゃっていた。また、私は昨年末にベートーヴェンの第九を聞いた際、指揮者によって表れる結果が違うと感じた。自らの解釈を加えることで奏でられる音楽が大きく変わる。その意味で、音楽には自分の人生そのものが表れる」(三木谷氏)

photo

楽天 代表取締役会長 兼 社長
新経済連盟 代表理事
三木谷 浩史氏


 YOSHIKI氏も同じ演奏会で第九を聞いた「ソウルシンフォニーと東京フィルハーモニーの競演だったと思うが、すごくテンポが速かった。同じ第九であっても表現が変わり、音楽が全く異なる」と同調した。

 AIは、その適応分野によって進歩の度合いが異なる技術である。それゆえに、将来の展望を漠然と語ることが難しい。機械学習、あるいはその中のディープラーニング技術が進歩したことで発展した将棋や囲碁のAI。文化・芸術の音楽という分野で、物語を表現できるAIは登場するのか。登場したときに、その音楽は人間の感情を揺さぶるものになるのだろうか。

 YOSHIKI氏は講演の最後に、X JAPANのヒット曲「ENDLESS RAIN」をピアノで演奏し、セッションを締めくくった。

AI・人工知能・機械学習 ジャンルのセミナー

一覧へ

AI・人工知能・機械学習 ジャンルのトピックス

一覧へ

AI・人工知能・機械学習 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング