ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

関連ジャンル

サーバ ストレージ

2016年04月11日

シスコが「Cisco HyperFlex システム」を投入、ハイパーコンバージド市場に参入

シスコは11日、スケールアウト型の仮想化基盤であるハイパーコンバージド インフラストラクチャ「Cisco HyperFlexシステム」を発表した。

 Cisco HyperFlexシステムは、Cisco Unified Computing System(UCS)プラットフォーム上に構築され、エンタープライズ アプリケーション領域を対象として、ネットワーク、コンピューティング、ストレージをポリシーベースで取り扱うことができ、設定の自動化、作業を簡略化できるというもの。

 これにより、数分間レベルでプラグアンドプレイで設定ができ、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ容量それぞれのリソースに対して柔軟に適応でき、独立した拡張が可能になるという。

 また、最大80%のデータ使用量削減率を実現する、常時オンのインライン重複排除とインライン圧縮機能、迅速なデータクローン作成と無停止でのスナップショット作成などのデータ管理サービスを提供するとしている。

 今回の発表に伴い、シスコのソフトウェア デファインド インフラストラクチャのポートフォリオが拡張され、UCSがコンピューティングに、ACI(Application Centric Infrastructure)とSDNソリューションがネットワークに、そして今回のHyperFlexがストレージに対応する形になる。

 同社では、「Cisco HyperFlexシステム」によって、いかにエンジニアがハイパーコンバージェンス基盤のデプロイが楽になるのかをアピールする動画を公開している。


関連記事

サーバ ジャンルのトピックス

一覧へ

サーバ ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

シスコシステムズ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング