ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

関連ジャンル

IoT・M2M 製造業IT

2016年04月20日

ZMP・SAP・凸版、物流支援ロボット「CarriRo」によるIoTソリューションを共同推進

ZMPとSAPジャパン、凸版印刷の3社は20日、物流支援ロボットやIoT技術を使った業務効率化ソリューションの提供を共同で推進していくことで合意したと発表した。

photo

ZMP、凸版印刷、SAPの3社協業のイメージ


photo

物流支援ロボット「CarriRo」

 3社は連携の第一弾として、ZMPが製造・販売する物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」に、凸版印刷のRFIDシステムを搭載し、SAPの基幹業務システムと連携させることで、在庫管理・工程管理における業務を効率化するソリューションの提供を推進する。

 具体的には、追従機能などが可能な台車型ロボット「CarriRo」にRFID読取装置を搭載し、さまざまなセンサーを通じて取得するデータを、基幹業務システムのSAP ERPおよびインメモリープラットフォームのSAP HANAとリアルタイムに連携させる。

 これにより、複数の在庫やアイテムの入出荷・検品作業を一括ですぐに行えるだけでなく、検品ミス・誤配、省人化・省力化・労働力不足などの問題を解決できるという。

 CarriRoは、2014年7月にZMP社が開発した物流支援ロボット。重い負荷を軽減しアシストする機能や作業員の後続を台車が追従する機能、IoT連携機能などを備えている。

関連記事

IoT・M2M ジャンルのセミナー

一覧へ

IoT・M2M ジャンルのトピックス

一覧へ

IoT・M2M ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

ZMP 凸版印刷 SAPジャパン

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング