ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2016年04月25日

アドビやオラクル、セールスフォースら、マルチチャネルキャンペーン管理でリーダーに

米ガートナーが発表したマルチチャネルキャンペーン管理(MCCM)、マーケティングオートメーション製品のマジッククアドラント「Gartner Magic Quadrant for Multichannel Campaign Management」2016年版によると、リーダー企業にアドビ、SAS、IBM、オラクル、セールスフォースの5社が選ばれた。

 米ガートナーが14日に発表した「Gartner Magic Quadrant for Multichannel Campaign Management」の2016年版によると、リーダー企業にアドビ、SAS、IBM、オラクル、セールスフォースの5社が選ばれた。

photo

Magic Quadrant for Multichannel Campaign Management


 ガートナーのマジック・クアドラントは、成長市場で競合しているベンダーを、「実効能力」と「ビジョンの完全性」の2つの軸で、4つの「クアドラント」で分類するフレームワーク。 「実効能力」のみが高い企業はチャレンジャーと位置付けられ、「ビジョンの完全性」のみが高い企業はビジョナリーと位置付けられる。また、双方高い企業(図の右上)は「リーダー」と位置付けられ、自社製品への集中的な取り組みと投資を通して、市場全体の方向性に影響を及ぼすとされている。

 2015年4月に発表された2015年版と比較すると、IBM以外は実行力、ビジョンのいずれかが上昇。テラデータは今回、リーダー企業から脱落し、ニッチプレイヤーに位置付けられた。

 チャレンジャーとビジョナリーは2015年版と同様の結果となっており、チャレンジャーにSAP、ビジョナリーにはマルケトとサイトコアが入っている。また、ニッチプレイヤーにListrakが新たに加わっている。

関連記事

デジタルマーケティング・マーケティン... ジャンルのセミナー

一覧へ

デジタルマーケティング・マーケティン... ジャンルのトピックス

一覧へ

デジタルマーケティング・マーケティン... ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング