ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2016年05月10日

ユーザーローカル、LINEやFacebookで使える「人工知能ボットAPI」を3000名に無料提供

ユーザーローカルは5月10日、チャットボット開発のための人工知能プラットフォーム「人工知能ボットAPI」を発表した。これを利用すると、LINEやFacebookなどのユーザーと自動で対話することが可能になる。今回、先着3000名の開発者に無料で提供するという。

 対応しているメッセージサービスは、LINE(LINE BOT)、Facebook(Facebook Messengerボット)、Twitter(Twitterボット)、Slackの4種類。人工知能ボットAPIを使うと、これらのサービス上で、チャットボットによる自動返信機能を簡単を実現できるようになるという。

 具体的には、ユーザーから受け取ったメッセージをAPIが受け取ると、形態素解析(=分かち書き。文章を単語に分割すること)し、メッセージ内容にあわせた返信内容を人工知能で自動生成する仕組み。ユーザーローカル人工知能ボットAPIでは、Twitterのツイート過去ログ、Instagramのハッシュタグ、ニュース記事やブログなど数十億件にのぼるテキストデータを機械学習させているため、自然言語による高度な会話を実現しているという。

 ユーザーローカル人工知能ボットAPIの主な機能は以下の3つ。

 1つ目は、全自動会話エンジン。ユーザーが入力した日本語のメッセージに対して、自然な受け答えや雑談を返信するAPIとなる。ユーザーローカルが保有している膨大なテキストデータをもとに応答するため、独り言のようなちょっとしたつぶやきに対しても多様なバリエーションの会話を実現でき、ユーザーはボットとの雑談を楽しむことができるという。一問一答形式の単純な返答だけではなく、過去の対話内容にあわせたテーマで会話をさせる、といったカスタマイズ指定も可能になっている。

 2つ目は、キャラクター会話API。「○○だワン」、「○○ですニャ」といった犬・ネコっぽい語尾、ロボット風、執事風の言い回しなど、キャラクターにあわせてメッセージ内容を変換する。

 3つ目は、氏名自動識別API。会話中の相手の名前をもとに性別を自動推定したり、姓・名を切り分けることができるAPI。また、ユーザーの名前をもとにして、ニックネームを自動でつけることもできる。これによって、チャットボットとのコミュニケーションをもっと円滑にすることができるという。

photo
(クリックで拡大)

photo
(クリックで拡大)

photo
(クリックで拡大)


 これらのAPIライブラリは、SNS向けチャットボット開発に利用できるだけではなく、オンラインゲーム内のキャラクター(ノンプレイヤーキャラクター)やロボット開発にも活用することができる。

関連記事

AI・人工知能・機械学習 ジャンルのトピックス

一覧へ

AI・人工知能・機械学習 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

ユーザーローカル

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング