ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

関連ジャンル

金融業IT

会員限定

2016年07月05日

5分で分かる「銀行」の基本、勘定系システムをイラスト1枚で理解する

フィンテック(FinTech)が台頭し、ネットバンキングやPFM(個人金融資産管理)も一般化。銀行の在り方や銀行サービスの利用方法も次々と変わってきています。しかし、産業界における銀行の役割は依然として大きく、学生の就職志望ランキングでも上位にあります。ここでは、銀行が利益を出す仕組みから、メガバンクや地銀の動向、支えるシステム、そしてフィンテックを含む最新動向まで、銀行に関わる基礎中の基礎をぎゅっと凝縮してご紹介します。

執筆:経済ジャーナリスト 平木 恭一

photo

銀行の業務とはいったい何なのか



銀行の3大業務とは

関連記事
 銀行の仕事を一言で説明すると「お金を集めて、貸し出すこと」。これは「預金業務」「融資業務」「為替業務」に分けられ、これを銀行の3大業務、あるいは固有業務といいます。

 1つずつ説明していきましょう。まず「預金業務」とは、預金者の資産を管理・保管する業務のこと。一般の人が銀行に口座を持つと普通口座や定期口座を持ちますが、これを預かって管理する仕事です。

 「融資業務」とは、預かったお金を元手に貸し出しを行うこと。融資も、担保の有無によって大きく2つに区分されます。たとえば、カードローン(消費者ローン)は無担保融資の代表で、住宅ローンは住宅が担保になっている担保融資になります。

 そして最後が「為替業務」です。これは送金や振込などを行う際に発生する手数料収入を得ること。身近なところでは、コンビニATMから他行の口座を引き落としする際に発生する手数料は為替業務に該当します。

 銀行の利益の大半は預かったお金と貸し出したお金の金利の差、「利ザヤ」によって支えられています。しかし、これは景気に左右されたり、ゼロ金利やマイナス金利といった政策の影響をもろに受けてしまいます。

 そこで現在、銀行はさまざまなサービスを手がけるようになっています。その始まりは1998年。銀行で投資信託の取り次ぎ販売が開始され、2002年からは保険商品の取り扱いも許可されました。

 いま、銀行は金利の低い預金商品に代わって、国債・外貨預金・投資信託・保険を「4大預かり資産」として販売し、その手数料を稼ぐのに注力しています。 ほかにも、デリバティブ取引、事業再生やM&Aの仲介、複数の銀行が融資団を作って企業貸し出しを行うシンジケートローン(協調融資)のアレンジャーなどがあり、これらは年々大型化の傾向にあります。

金融庁が定義する「主要銀行」は、この9行

 では実際の銀行にはどのようなものがあるのでしょうか? 再編統合が繰り返された結果、銀行の名称も、その由来を留めないものが出てきています。金融業界には色々な業態があるので区分してみます。

 まずは金融庁が定義する主要行等(主要銀行)は、三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、みずほ銀行、みずほ信託銀行、三井住友銀行、りそな銀行、三井住友信託銀行、新生銀行、あおぞら銀行の9行です。その預金と貸出金額は以下の通り。なお、下の表には掲載しましたが、埼玉りそな銀行は「地域銀行」のカテゴリーに分類されています。

photo
(クリックで拡大)

「主要銀行」一覧。預金トップは三菱東京UFJ銀行

(出典:各社の決算短信などをもとに作成)


 もちろん、三メガバンクが中心的な役割を担っています。グループ別で見た場合は以下の通りです。

photo
(クリックで拡大)

メガバンクグループの業容


【次ページ】地銀は超えた?ネットバンクのランキング

金融業IT ジャンルのセミナー

一覧へ

金融業IT ジャンルのトピックス

一覧へ

金融業IT ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング