ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2016年07月13日

マイクロソフトのナデラCEO、新クラウドサービス「Microsoft Dynamics 365」を語る

現地時間で7月10日から14日まで開催されている「Microsoft World Partner Conference 2016」(WPC 2016)。初日の基調講演に登壇したマイクロソフト CEOのサティア・ナデラ氏は、今秋登場予定の新しいクラウドサービス「Microsoft Dynamics 365」について語りました。

執筆:Publickey 新野淳一

 マイクロソフトはカナダのトロントでパートナー向けイベント「Microsoft World Partner Conference 2016」(WPC 2016)を開催しています。

 初日の基調講演では、同社CEOのサティア・ナデラ氏が、今秋登場予定の新しいクラウドサービス「Microsoft Dynamics 365」を披露しました。

photo

WPC 2016のストリーミングから


 Dynamics 365は、これまで同社が提供してきたCRMとERPであるDynamics CRMとDynamics AXを統合し、クラウドサービスとしてブラッシュアップしたもの。

 Office 365やPowerBI、Cortana Inttelgence Suite、Microsoft Flowなど、同社がクラウドサービスとして提供しているさまざまなサービスとの連携強化を打ち出し、「(Officeをクラウド化して成功した)Office 365で起きたことが、Dynamics 365でもでも起きるだろう」(ナデラ氏)とアピール。

 特にパートナーに対しては、さまざまなサービスを組み合わせることでビジネスプロセスのパイプラインを構築し、顧客向けのソリューションを容易に構築できるプラットフォーム化の利点を訴えます。「SaaSを作るのではなく、マイクロソフトはつねにプラットフォームとしてのアプローチをしてきた」(ナデラ氏)。

photo


Dynamics 365が画面を自動生成

クラウド ジャンルのセミナー

一覧へ

クラウド ジャンルのトピックス

一覧へ

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング