ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2016年08月09日

インドIT最新事情

インドのサイバー犯罪とセキュリティ事情をグラフで理解する

ヘルスケア、デジタルマーケティング、e-ラーニング、スタートアップ支援など、ITとビジネスの両輪をそろえた官民挙げての発展が進むインド。しかし、IT関連市場の拡大と、その日常生活への浸透には、セキュリティの課題がつきまとう。実際、デジタルネットワークへの攻撃が増えてきており、経済面あるいは国家の安全保障面でも深刻な課題となってきている。インド人コンサルタント ガガン・パラシャーがIT大国インドのサイバーセキュリティ対策の最新情報をグラフを使ってお伝えする。

執筆:エクシール・エフ・エー・コンサルティング ガガン・パラシャー
(訳:エクシール・エフ・エー・コンサルティング 大塚賢二)




photo

インドのサイバー犯罪とセキュリティ事情をグラフで理解する


グラフで理解するサイバー犯罪とセキュリティ

 サイバー犯罪ではコンピューターは次のように利用される。
・「ターゲット」として:他人のコンピューターへの攻撃(ウイルス散布が一例)
・「武器」として:コンピューターを使って詐欺や違法ギャンブルのような非デジタルの犯罪を実行
・「アクセサリー」として:コンピューターを仮想のファイリングキャビネットとして使用し、違法の、または盗んだ情報を保管

 インド国民は日常のあらゆる場面で、ブロードバンドの天気情報、無線LANのワイヤレスシグナル、ローカルネットワーク、電力供給の大規模グリッドといったサイバー空間と接触している。サイバー攻撃を防ぎ、撃退するため、インドは官民挙げて新たな技術・方法を考え出す努力をしなければならない。インド政府のイニシアチブのもと、個々のネットワークがリアルタイムで保護されるためにも、こうした取り組みが求められる。

 現在、インド政府はサイバー犯罪対策に本腰を入れている。ラビ・シャンカール・プラサド通信IT相は、今年1月から3月までにインドでは8000を超えるウェブサイトがハッキングされたと述べた。議会でもサイバー犯罪が取り上げられ政府は優先課題として取り組むことにした。

 以下は通信IT省が発表した統計をもとにした、インド国内のサイバー犯罪件数、ハッキング件数、スパムメール件数のグラフだ。

photo
(クリックで拡大)

インド過去4年間のサイバー犯罪(フィッシング、悪意あるコード、ウェブサイトへの侵入、DoS攻撃など)の総件数(通信IT省が公表した統計に基づく)


photo
(クリックで拡大)

インド過去4年間のウェブサイトへのハッキング件数(通信IT省が公表した統計に基づく)


photo
(クリックで拡大)

インド過去4年間のスパムメール件数(通信IT省が公表した統計に基づく)


【次ページ】インド国内主要サイバー犯罪手口まとめ

セキュリティ総論 ジャンルのセミナー

一覧へ

セキュリティ総論 ジャンルのトピックス

一覧へ

セキュリティ総論 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング