ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2016年10月12日

なぜセールスフォースは「AI機能」の搭載を決断したのか?

10月4日から7日まで開催されたSalesforce.comの年次イベント年次イベント「Dreamforce 2016」で、最大の目玉となったのは、同社の業務アプリケーションにAI機能を提供する「Salesforce Einstein」(セールスフォース アインシュタイン)の登場でした。

執筆:Publickey 新野淳一

 Salesforce.comは米サンフランシスコで年次イベント「Dreamforce 2016」を10月4日から7日まで、開催しました。

 米国で開催されるIT系のイベントのなかでもトップクラスの動員数を誇るこのイベント(公式発表では登録者が17万人以上)で基調講演に立った同社CEOのマーク・ベニオフ氏は、いつものようにステージ上だけでなく観客のあいだを歩きながらプレゼンテーションを行い、エネルギッシュな姿を見せました。

photo


すでにコンシューマではAIが活用されている

 今年の最大の目玉は、同社の業務アプリケーションにAI機能を提供する「Salesforce Einstein」(セールスフォース アインシュタイン)の登場です。

 Salesforce Einsteinは、同社のクラウドなどに蓄積されたさまざまなデータ、顧客データや取引データ、商品、販売状況、社員のメールやスケジュール、チャットなどをもとにディープラーニングによって機械学習を行うというもの。

photo


 これによりSalesforce.comが提供するさまざまな業務アプリケーションで、レコメンデーションやサポート支援などAI機能を基にした新機能を利用できるようになります。AI機能を単独で用意するのではなくプラットフォームに統合し、最初からアプリケーションとともに提供するのはセールスフォース・ドットコムらしいところです。

参考リンク

 同社がSalesforce Einsteinを紹介するためのストーリーとして使ったのが、下のスライドです。

photo


 コンシューマアプリケーションの世界ではAmazon.comのレコメンデーション、Siriの自然言語認識、Facebookの写真における顔認識、そしてGoogleの自動運転など、すでにAIがさまざまな形で活用されていると。

 だから業務アプリケーションもこれからAIを活用する時代に入るのだ、ということです。

 同社はもともと、業務アプリケーションはAmazon.comで本を買うように簡単に使えなければならない、というコンセプトで創業した会社です。そして創業から15年以上たったいまも、コンシューマーアプリケーションが先行するAIを業務アプリケーションに取り入れるという、初心を貫いているのです。

 実際、同社CTOのパーカー・ハリス氏はこのことについて基調講演で次のように発言しています。「私たちの出発点は、セールスフォース・オートメーションはなぜAmazon.comで本を買うように簡単にならないのか、ということだった。Salesforce Einstainで、私たちは同じことをしようとしているのだ」

セールスフォース・ドットコムも「プラットフォームとしての会話」へ

CRM・SFA・CTI・ヘルプデスク ジャンルのトピックス

一覧へ

CRM・SFA・CTI・ヘルプデスク ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング