ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2016年11月22日

#3DEXPERIENCE

「中国製造2025」とは何か? 中国版インダストリー4.0による製造改革の可能性と課題

ドイツの「インダストリー4.0」や、米国の「インダストリアル・インターネット」と並び、世界が注目している取り組みがある。中国政府(国務院)が主導する「中国製造2025(メイド・イン・チャイナ2025)」だ。2049年の中華人民共和国建国100周年までに「世界の製造大国」としての地位を築くことを目標に掲げたこの取り組みは、今後の製造業にどのような影響を及ぼすのか。中国製造2025の基本方針や原則、中国製造2025を成功させるための課題などについて、中国国内のキーパーソンが議論を繰り広げた。

photo

中国の製造業トップらが指摘する「中国製造2025」の可能性と課題


中国製造2025「5つの基本方針」と「4つの基本原則」

 「中国製造2025(メイド・イン・チャイナ2025)」とは、2015年5月に中国政府が発表した、中国における今後10年間の製造業発展のロードマップである。

 その計画は、具体的かつ明確だ。「5つの基本方針」と「4つの基本原則」に則って、2049年までにやるべきことを3段階で明記している。第1段階としては、2025年までに「世界の製造強国入り」を果たす。これが「中国製造2025」に相当する。次に、第2段階として2035年までに中国の製造業レベルを、世界の製造強国陣営の中位に位置させる。そして第3段階として、2045年には「製造強国のトップ」になるというものだ。

 5つの基本方針には、イノベーション駆動/品質優先/環境保全型発展/構造の最適化/人材本位が掲げられている。中でも今回のカンファレンスで特にフォーカスされたのが、「イノベーション駆動」と「構造の最適化」だ。

photo
(クリックで拡大)

中国製造2025の基本方針は、「イノベーション駆動」、「品質優先」、「グリーン(環境保全型)発展」、「構造の最適化」、「人材本位」の5つ


製造改革に出遅れた、世界の工場「中国」

 中国・上海で開催された仏ダッソー・システムズ主催イベント「Manufacturing In The Age of Experience」のパネルディスカッションには、中国工業情報化部(MIIT)情報担当次官のXiaopeng AN博士や、中国の再生可能エネルギー開発を手掛けるGuiYang Engineering Co. Ltd. Power China Group(中国电建集团贵阳勘测设计研究院工程)でデジタル部門CIOを務めるZuwen CHEN氏、北京蘇州航空宇宙ソフトウェア企業のチーフエンジニアを務めるHaicheng YANG教授、中国のIT分野に特化した投資会社Cybernaut Wisdom Investment(賽伯樂智源國際有限公司)でパートナーを務めるHao DU氏らが登壇した。

photo

パネルディスカッションに登壇した中国製造業のキーパーソンたち。右から2番目の人物が中国工業情報化部(MIIT)情報担当次官のXiaopeng AN博士


 MIITのXiaopeng AN博士は、「これまで中国は『世界の工場』と呼ばれ、世界第一位の製造規模を誇っていた。しかし、製造業のプロセス管理/オペレーションの最適化では、ドイツや米国、そして日本の後塵を拝していた」と指摘する。

 中国は潤沢な労働力と低い賃金による「労働力労働密集型」の製造体制で、衣料品などの大量生産品の供給を支えてきた。しかし、今後は労働構造の転換を図り、ITやロボット、AI(人工知能)を活用した「技術密集型/知能的集合型」の産業にシフトする必要があると、AN博士は説く。その背景には、経済発展に伴う中国内の人件費の高騰や、「一人っ子政策」による労働人口の減少がある。

photo

中国の産業構造については、多くのスピーカーが「労働力労働密集型」から「技術密集型」への移行を訴えた


中国の製造業レベルはまだインダストリー「2.0」

関連記事
 GuiYang Engineering Co. Ltd. Power China GroupのCHEN氏は、「ドイツが『インダストリー4.0』であれば、現在の中国は『インダストリー2.0』のレベルであり、労働集約型の製造スタイルから脱却できていない。しかし、一部にはデジタルトランスフォーメーションによる、(製造)プロセスの変革に着手している企業もある。既存の産業構造を変革するには時間も労力が必要だ。むしろ、これまで(製造業としての)経験のない企業が、一気にデータ駆動型の製造プロセスを成功させる可能性は大きい」と指摘する。

 中国政府は、中国製造2025の中で「製造業のイノベーション能力の向上」を戦略任務の1つとして掲げている。具体的には、企業を主体とし、官民学が一体となって「製造業イノベーション体制」の構築を推進したり、産業ごとにイノベーションチェーンを整備し、(財政・金融・人材などの)資源を適材適所に配置したりする。また、イノベーションのコアとなる技術研究を強化し、研究成果の産業化を促進することも戦略に掲げている。実際、2025年までに40カ所の「製造業イノベーションセンター」を設立し、3Dプリンティングやバイオ医薬などの分野の基盤となる技術開発/人材育成に注力するという。

【次ページ】中国製造2025を成功させるための課題は

製造業IT ジャンルのセミナー

一覧へ

製造業IT ジャンルのトピックス

一覧へ

製造業IT ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング