ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2017年01月13日

電子書籍は「書籍」ではなくなる?

アオシマ書店・八田モンキー氏と米光一成氏に聞く、電子書籍の売り方と未来

書店の倒産や雑誌売上の大幅減など、厳しいニュースの続く出版業界。一方で、電子書籍市場はすでに1,500億円以上の規模を誇り、電車の中でタブレットやスマートフォンで読書する人の姿も珍しいものではなくなっている。そんななか2016年2月に開設されたのが、電子書籍専門の販売情報サイト「アオシマ書店」。アオシマ書店を運営する株式会社studio NAS(スタジオナス)の八田モンキーさんとアドバイザーの米光一成さんに、サイトのなりたちや、先日始まった「電書告知サービス」、そして今後の電子書籍業界の展望を聞いた。


作家兼エンジニアだからこそ感じた、電子書籍の楽しさ

──studioNASは、これまでに制作会社として他社のウェブや書籍を手がけていらっしゃいます。今回、自社で「アオシマ書店」を始めたきっかけは何でしょうか。

八田モンキー氏(以下、八田氏):以前から自社サービスやメディアも立ち上げたいという話はずっとしていて、今回社員のバックアップと米光さんのような外部の方のサポートを得ながら「アオシマ書店」をはじめました。ぼくは2010年ごろに『暫-SHIBARAKU!-』という電子書籍をiPadアプリで出した経験があり、それがすごく楽しかったんですね。以来、電子書籍にずっと関心を持っていて、米光さんと「電書カプセル」という電子書籍販売アプリを開発したこともあります。また何かしら電子書籍に関するサービスをやりたいと思っていたんです。

photo

「アオシマ書店」


──電子書籍にかかわるサービスはいろいろあると思いますが、なぜ今回販売情報サイトを選んだのでしょうか。

八田氏:めぼしいサイトがなく、需要を感じたからですね。電子書籍にしぼってセール情報や新刊情報を紹介するサイトは過去にいくつかの企業が立ち上げているのですが、大半は撤退しているんですよ。

米光一成氏(以下、米光氏):電子書籍──ぼくはとっつきやすさを出すために「電書」と呼ぶことを推奨しているんですけど──には、紙の本と違って「書店で平積みされているのを偶然見て手に取る」ような機会がないんですよね。検索やランキングからしか本を探せないことが多い。だから、電書のほうが「おすすめ」サイトが必要なんだけど、なかなかうまくいっていない。

八田氏:唯一成功しているのがニュースサイト「きんどるどうでしょう」。アオシマ書店も「きんどるどうでしょう」をリスペクトしつつ、違うスタイルで運営していきたい。

セルフパブリッシング普及の障壁は「告知の手段」だった

──「アオシマ書店」という名前やマスコットキャラ、サイトデザインなどにやわらかさがあって、情報サイトというよりもおしゃれなウェブマガジンのような雰囲気がありますよね。

八田氏:マスコットキャラは社内のイラストレーターが考えてくれました。「南国でバカンスを楽しみながら読書する雪男」らしいです。アオシマ書店という名前は、あまりにもサイト名が思いつかなかったので、近所の人気ラーメン店からとりました(笑)。ギークな人だけではなく、これまであまり電子書籍を読んだことのない人にも気軽に訪れてもらえるサイトを目指しているので、それが伝わっているならうれしいですね。

photo

八田モンキー氏


──サイトが始まってもうすぐ1年ですが、よく読まれた記事にはどういったものがありますか?

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのトピックス

一覧へ

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

コラム

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング