ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

関連ジャンル

クラウド PaaS

会員限定

2017年04月11日

VMwareがvCloud Air売却、AWSやAzureとの全面戦争から撤退 今後のクラウド戦略は?

VMwareは、同社のクラウドサービスであるvCloud Air事業を、フランスに本社を置くクラウドベンダのOVHへ売却すると発表しました。

執筆:Publickey 新野淳一

 これによりVMwareが保有していたvClud Airのデータセンター、顧客、運用チームなどはOVHへ移管されることになります。OVHは今後、vCloud Airと同様のサービスを「vCloud Air Powered by OVH」として提供していく予定です。売却は2017年6月までに行われる見通し。

 vCloud Airは、VMware自身が提供するIaaS型のパブリッククラウドサービス。VMwareのテクノロジーを採用しているため、オンプレミスで利用されているvSphereなどVMware製品で構築した仮想化基盤やプライベートクラウドとシームレスなハイブリッドクラウドが構築できる点が特長でした。

 同社はvCloud AirでAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなど既存のパブリッククラウドベンダと競合する構えでしたが、それが成功したとは言いがたく、1年前の2016年4月にはvCloud Airの日本ロケーションを2017年3月で終了させることを発表するなど、徐々にvCloud Airが縮小方向にあることは誰の目にも明らかでした。

 vCloud Air事業の売却によって、VMwareは自社でデータセンターを展開してAWSやマイクロソフト、Googleなどと正面から戦うという戦略から撤退したことになります(このことは2016年10月の記事で予測したとおりでした)。

 そして今後のVMwareのクラウド戦略は次の2つのサービスが軸になることでしょう。1つは「VMware on AWS」、そしてもう1つは「Cross-Cloud Services」です。

VMwareのクラウド戦略の軸となる2つのサービス

クラウド ジャンルのセミナー

一覧へ

クラウド ジャンルのトピックス

一覧へ

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング