ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2017年05月16日

日本の新CEOは「世界最高齢」の平均61歳、外国人も女性もゼロ

世界の上場企業上位2500社を対象としたCEO承継に関する調査によると、日本の新任CEOの平均年齢は61歳と、世界平均の53歳と比較して飛び抜けて高いことがわかった。

 PwCネットワークのStrategy&が16日に発表した調査によると、2016年1月1日時点の時価総額ベースで、世界の上場企業上位2500社のCEO交代率は史上最高だった2015年の16.6%から、2016年には14.9%に減少した。主にM&Aの件数減少が原因という。日本の交代率は15.5%で、「ブラジル・ロシア・インド」(17.2%)に次ぐ高さとなった。

photo
(クリックで拡大)

世界のCEO交代率の経年傾向(世界の上場企業上位2500社の割合、カッコ内は企業数、2016)



 産業別では、過去5年間もっとも交代率の高かった通信が全体平均を下回る一方(13.8%)、ユーティリティがトップ(20.8%)となった。

photo
(クリックで拡大)

業界別CEO交代率と対象企業数(2016)


 日本の2016年新任CEOの平均年齢は61歳で、世界平均の53歳と比べて8歳も高くなり、米国の54歳、西欧の53歳、中国の51歳、ブラジル・ロシア・インドの55歳などと比較しても飛び抜けて高い結果となった。さらに、その年齢は昨年より1歳上がった(2015年は60歳)という。

photo
(クリックで拡大)

新任CEOの平均年齢(2016)


 また、世界のCEOの87%が本社所在国と同じ国籍だった(2012-16年の平均は83%)。また、76%が本社所在地域以外での業務経験がなく(同67%)、82%が社内からの内部昇格者だった(同77%)。日本については日本の国籍を持つCEOの割合が100%だった。

photo
(クリックで拡大)

新任CEOの国籍(本社所在地別、2016)


 世界の女性CEOの起用は、近年の最高値であった2014年の5.2%と比較すると2016年は3.6%と低い水準にとどまった。ヘルスケア、工業製品、IT、消費財(生活必需品)、通信の5つの業界は、2016年新任の女性CEOがいなかった。日本も新任女性CEOがゼロだった。

photo
(クリックで拡大)

新任CEOの女性比率(本社所在地別、2012-16)


 そのほか、日本については、他企業からの招聘(3%、世界平均は18%)、他企業でのCEO経験(9%、世界平均21%)、他企業での業務経験(33%、世界平均74%)、MBA保有率(4%、世界平均36%)といった項目で世界最低となっており、世界との違いが浮き彫りとなった。
■修正履歴[2017/05/18 10:05]
一部内容に誤りがありました。ご迷惑をおかけした読者ならびに関係者にお詫び申し上げます。本文は修正済みです。

誤)日本については日本以外の国籍を持つCEOの割合が100%だった。
正)日本については日本の国籍を持つCEOの割合が100%だった。

リーダーシップ ジャンルのセミナー

一覧へ

リーダーシップ ジャンルのトピックス

一覧へ

関連キーワード

PwC Japan PwC 市場調査

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング