ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2017年06月12日

「東京レインボープライド」参加企業から読み解くLGBT対応の今

5月6日と7日の両日、LGBTが生きやすい社会を目指すイベント「東京レインボープライド2017」が開催された。同イベント 共同代表理事の山縣真矢氏は「協賛企業・団体数、ブース出展数が増え、展示内容が多様化し、大型化したのが今年の特徴でした。動員数、出展ブース数などでも過去最高を記録しています」と語る。本イベントには、IBM、マイクロソフト、オラクル、ヤフー、グーグル、ライフネット生命、AIGジャパングループ、丸井グループ、伊勢丹新宿店などの企業が参加。彼らの取り組みや出展内容から、企業のLGBT対応の今を読み解く。

執筆:フリーライター 井上 猛雄

photo

大盛況だったイベント会場。170社以上の出展があり、場内は活気に満ちていた。



総計10万人が集まった「虹色」の一大祭典

関連記事
 ゴールデンウィークの最終日、イベント会場の代々木公園に向かう人波は、カップル、親子、学生、外国人など、年齢・性別・国の枠を超えた人々であふれていた。

 筆者は仕事がら「東京レインボープライド」というイベント名は知っていたものの、初めての参加だ。公園内の新緑の香りと、木漏れ日を感じながら、はやる気持ちを抑えつつ、会場に向かった。

 10分ほど公園内を歩くと、いよいよゲートが見えてきた。すでに多くの人々が集まり、プレス受付も賑わいを見せていた。企業ブースに向かう途中で、ドラァグクイーンが出迎えてくれた。広場のステージでは、独特の沖縄民謡に合わせながらパフォーマンスを披露する集団と、聴衆が一体になって楽しく踊っていた。

photo

ドラァグクイーンのポーズもバッチリと決まっていた。


photo

広場のステージでは、さまざまな催しも。
沖縄民謡に合わせながら楽しく踊る来場者たち。


 明るいパワーを発散させる多様な参加者の中にいると、自然に気分も高揚してきた。「まさにダイバーシティとは、こういうことなのか」と腑に落ちた気分になった。彼らのパワーに圧倒されつつも「時代は少しずつ変わっている。少しずつ動いている」と実感した瞬間だった。

 正午からメインイベントのパレードが始まるため、慌ててパレードの集合場所に向かった。1梯団で100名ぐらいだろうか。何十もの梯団が待機している。海外から遠路遥々このイベントにやってきた団体や、一企業でまとまっているチームもあった。あまりにも列が長いので、なかなか先頭集団まで辿り着けない。パレードに参加せずとも、沿道で応援する人々も多く、虹色の小旗を振りながら集まってくる。

photo
(クリックで拡大)

5000名が参加した長いパレードの先頭集団に、ようやくたどり着いた。


 予定の正午を過ぎてから、いよいよパレードがスタートした。「TOKYO RAINBOW PRIDE」の横断幕、フラッグ、色とりどりのプラカードを掲げる人々が、風船で装飾された先導車とブラスバンド隊のあとを行進していく様子は圧巻だ。誰もが笑顔で、晴れやかに、そしてプライドを持ちながら、歩いていく姿は清々しい。プレス発表によると、今回の参加者だけで5000人に上る大規模なパレードになったという。

photo

パレード開始。横断幕やフラッグ、プラカードを掲げる人々が、
渋谷の街を行進した。


【次ページ】IBM、マイクロソフト、ライフネット生命、AIGジャパングループ、丸井グループ、伊勢丹の取り組みを紹介

ダイバーシティ ジャンルのトピックス

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング