ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2017年06月19日

デルとEMCジャパンが新たな料金体系発表、オンプレのハードウェアにも従量課金の波

デルとEMCジャパンは、ストレージやハイパーコンバージドインフラストラクチャなどを対象とした新しい料金体系を発表しました。

執筆:Publickey 新野淳一

ストレージを対象とした従量課金的な料金体系

 すべてのDell EMCストレージソリューションを対象とする「Flex on Demand」は、あらかじめ設定しておいた基本容量を上回って利用した分が従量課金となる柔軟な料金体系です。

photo


 これまでストレージは、あとから容量を追加しようとすると運用をいったん停止してディスクを追加するなどの手間が発生することが多かったため、想定される最大容量のストレージを最初から購入しておくことが一般的でした。

 これは将来使うかどうか分らない容量の分まで購入費用を払うという、ユーザーにとってリスクの大きい導入法でもありました。

 Flex on Demandは、あらかじめ基本容量を契約しておくことで、その基本容量以内であれば料金は一定。基本容量を超えて利用した分は追加料金を払い、容量が基本容量以下になれば追加料金も不要になるという、従量課金的な料金体系です。

 これによりユーザーは最初から最大容量分の料金を支払う必要がなくなるため、初期投資を小さく抑えることができるようになります。

 同社によると、あらかじめ基本容量ごとの料金テーブルが用意され、基本容量が大きいほど従量課金の追加料金の単価は小さくなることが想定されているとのことです。

ハイパーコンバージドを月額利用料金で。1年後には解約可能

ストレージ ジャンルのセミナー

一覧へ

ストレージ ジャンルのトピックス

一覧へ

ストレージ ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

新野淳一 EMCジャパン デル

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング