IT導入検討

会員限定

サイボウズ株式会社提供コンテンツ

2016年04月13日

中野製薬事例:14年使ったNotesのリプレイスがもたらしたモバイル活用とコスト削減

導入事例

中野製薬は、美容室向けの頭髪化粧品及び医薬部外品の製造・販売を行っている企業だ。特にスタイリング ワックスを代表とするスタイリング料には定評がある。美容室のプロデュースにも力を入れており、サロン経営のセミナーや、スタイリング技術を競う美容師向けのイベントの主催なども行っている。そんな同社の情報共有に十数年利用されてきたNotesをリプレイスした。本資料では、その取り組みの詳細が明らかにされている。

ページ数:6ページ
<目次>
  1. モバイルから活用できる、時代にあったグループウェアを
  2. 「Kintone」のワークフローアプリと基幹システムの連携が選定のポイント
  3. Notesのリプレイスに成功し、利便性が向上
  4. 内製化のメリットを活かし、さらなる業務効率の向上に取り組みたい

この続きは会員限定です