IT導入検討

会員限定

株式会社NTTデータ・スマートソーシング提供コンテンツ

2016年12月01日

【事例:セイコーソリューションズ】SharePointやActive Directoryとの密な連携が決め手

導入事例

セイコーソリューションズでは、NTTデータのワークフローパッケージ「OpenCube Workflow」を用いて、製品開発の品質管理をはじめ、内部統制への対応や社内の各種申請業務のワークフロー化を実践。Microsoft SharePointやInfoPath、Active Directoryとの密接な連携を通じて、ワークフローを作成するシステム部門と実際に利用するユーザー部門双方の業務効率化や迅速化に大きく貢献している。

ページ数:2ページ
<概要>
  1. 内部統制環境の整備・強化に向けてワークフロー製品の導入を検討
  2. SharePointやInfoPathとの連携を前提にNTTデータの「OpenCube Workflow」を選定
  3. きめ細かなワークフローの作成・実施を通じて内部統制に的確に対応、品質管理向上に大きく貢献

この続きは会員限定です