IT導入検討

会員限定

ServiceNow Japan株式会社提供コンテンツ

2017年01月13日

武田薬品事例:グローバル戦略を支えるITサービスマネジメントの標準化

導入事例

武田薬品工業は、「優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献する」ことを目指すグローバル製薬企業だ。 利益率を向上させ、成長への投資を加速させるために、2013年より同社は、オペレーションの有効性と効率性を追求した全社戦略「プロジェクト・サミット」を開始。「プロジェクト・サミット」では、財務、人事、IT、購買等の間接部門についてもグローバル化が推進されており、特にIT部門においては、ITのプラットフォーム、リソース、支出を、タケダ・グローバルで統合する「Project Unity (プロジェクト ユニティ)」が進められていた。本資料では、Project Unityのビジョンを達成するため、ITサービスマネジメントプロセスとツールのグローバル標準化に取り組んだ同社の軌跡を紹介する。

【業種】製薬
【対象地域】4リージョン/世界30以上の国と地域
【導入期間】5ヵ月

この続きは会員限定です