IT導入検討

会員限定

株式会社大塚商会、アドビシステムズ株式会社提供コンテンツ

2017年03月15日

クラウドストレージとDRMを組み合わせて柔軟なデータ共有と機密情報の保護を両立させる

製品資料

ビジネスシーンでPDFファイルをはじめとする大容量データをやりとりする際には、情報漏えい対策は必須である。しかし、こうしたデータを送る際にフリーのファイル共有サービスが使われていたり、渡したデータがどのように扱われているかわからなかったりといった課題を抱える企業は多い。本資料では、オンラインストレージサービスの「たよれーる どこでもキャビネット」、ライツマネジメント(DRM/IRM)と呼ばれるデータ保護の仕組みをクラウドで利用できるサービス「たよれーる PDFセキュリティサービス」を紹介。機密情報をファイル管理の仕組みで守る方法を解説する。

ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●ファイル共有、機密情報管理のよくある困りごと
●ライツマネジメントを活用した機密情報の動的な保護を

この続きは会員限定です