IT導入検討

会員限定

株式会社ジール提供コンテンツ

2017年03月17日

仮想データ統合と活用方法、顧客の利用状況を把握して新製品に活かす

製品資料

業務システムなどで管理されるビジネスデータ、あるいは工場などの機器から得られるIoTデータ、あるいはCRM/SFAなどの非定型を含んだデータなど、企業内外にさまざまなデータが散在している。これを統合して活用するため、DWH(データウェアハウス)などが活用されてきたが、さまざまな課題があった。本資料では、こうした問題を解決できる「仮想データ統合」と実際の活用シーンについて解説する。

ページ数:18ページ
内容(一部抜粋)
●企業内外に散在する様々な情報の迅速かつ柔軟な統合が必要
●現在のデータ活用の状況は? データウェアハウス(DWH)の限界
●仮想データ統合により迅速かつ柔軟なデータ活用を実現!
●仮想データ統合によるカスタマージャーニーの把握
●可視化の必要性〜ドライバ分析のサンプル〜

この続きは会員限定です