IT導入検討

会員限定

株式会社野村総合研究所提供コンテンツ

2017年03月22日

システムやインフラがクラウド化する中、運用基盤は作りこみが必要か?

製品資料

業務アプリのSaaS(Software as a Service)化、ITインフラのHaaS(Hardware as a Service)化が進展する一方、依然として社内にはオンプレのシステムが存在し、それらを支える運用にかかる負荷が大きくなっている。新たなサービスを立ち上げても、これを支える運用が適切でなければ、デジタルビジネスを進めることは難しいだろう。本資料では、クラウド時代の運用基盤クラウドサービス「mPLAT」について紹介する。

ページ数:27ページ
<目次(抜粋)>
●mPLATの生い立ち
●「mPLAT」サービス紹介
●活用例(1)ERP on AWSの運用
●活用例(2)ITサービスマネジメント
●活用例(3)運用の自動化、見える化

この続きは会員限定です