IT導入検討

会員限定

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社提供コンテンツ

2017年04月24日

中堅・中小企業に忍び寄る脅威、ランサムウェア対策の「ベストプラクティス」

技術文書

ランサムウェアは、デバイスを乗っ取ってユーザを完全にロックアウトしたり、ファイルを暗号化してユーザが使用できないようにしたりするマルウェアだ。デバイスを復旧させるために、ユーザが攻撃者に対して高額な身代金を支払わざるを得ない場合があり、その被害は国内外で後を絶たない。本資料では、ランサムウェアが中堅・中小企業にとって脅威となっている現状を紹介し、ランサムウェアに特有のいくつかの特性を検証するとともにランサムウェア攻撃の脅威を緩和する方法を提示する。

ページ数:46ページ
内容(一部抜粋)
●ランサムウェアとは
●ニュースで報道されるランサムウェア
●中堅・中小企業に忍び寄るランサムウェア
●データ価値にパラダイムシフトをもたらすランサムウェア
●闇市場で売買されるランサムウェア:サイバー犯罪初心者の参入
●標的にされる弱点:従業員
●ランサムウェア被害の拡大
●ランサムウェア対策の課題
●最新ランサムウェアの検知
●ウォッチガードによるランサムウェアによる脅威の緩和
●WatchGuardTechnologiesについて

この続きは会員限定です

関連コンテンツ