IT導入検討

会員限定

ヴイエムウェア株式会社提供コンテンツ

2017年06月02日

標的型攻撃対策で注目の「分散ファイアウォール」とは何か?従来型との違いと優位性

セミナー資料

標的型攻撃による情報流出は、情報セキュリティにおける重大な脅威となっている。今後求められるのは、侵入されることを前提したセキュリティ対策の強化だが、従来型のファイアウォールでは対策しきれない場合がある。本資料では、仮想マシン単位でファイアウォールを設置することで脅威の拡散を効率的に防止する「分散ファイアウォール」について解説。データセンター全体にセキュリティ機能を「浸透」させることで、マルウェア感染した場合の影響範囲拡大を防ぐ方法を紹介する。

ページ数:38ページ
内容(一部抜粋)
●情報セキュリティ10大脅威と、今取るべき対応方針
●どんなに防御を固めてもリスクはゼロにできない
●分散ファイアウォールの優位性とは
●セキュリティインシデントの早期発見、対応にも貢献

この続きは会員限定です