関連ジャンル

ストレージ ビッグデータ

IT導入検討

会員限定

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

2017年07月19日

SUBARU「アイサイト」開発に不可欠な大容量走行データを管理する方法とは

導入事例

スバルの運転支援システム「アイサイト」は、2つのカメラで立体を認識するステレオカメラという技術で実用化されている。そのため、その開発には大容量映像データが必要とされるとともに、開発拠点がある群馬、東京の双方からすばやく検索し、数秒単位で転送する必要があった。そこで求められたのが、実験映像データのシステムによる管理だ。本資料では、アイサイトの開発はどんな体制で進められ、どんな課題があったのか、そしてその課題を解決するためのどのようなシステムが構築されたのか、その取り組みの詳細を紹介する。

ページ数:2ページ

この続きは会員限定です