IT導入検討

会員限定

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)提供コンテンツ

2017年09月12日

【事例】ゲノム研究のITインフラ戦略とは?「データを多用するうえに変化が多い」

導入事例

米国アラバマ州ハンツビルに拠点を置く非営利のゲノム研究機関HudsonAlpha Institute for Biotechnology (HudsonAlpha)は、2008年に設立された。同機関は、200人のスタッフと構内の36のバイオテクノロジー企業に勤務する550人の人員にITリソースを提供している。ゲノム研究はデータを多用するうえに変化が多いため、ITインフラストラクチャの負荷は高まり続けており、コストとパフォーマンスに関する要件のバランスをとることが次第に難しくなり、ITインフラストラクチャに対する新しいアプローチの導入が必要になった。HudsonAlphaはどのようにしてITインフラストラクチャをアップグレードし、コンピューティング容量を大幅に増加させ、ITリソース管理の柔軟性を手に入れたのか。

ページ数:8ページ
内容
●導入の概要
●実装
●メリット
●メリットの数値化

この続きは会員限定です