サイバー犯罪時代の情報漏えい対策セミナー


億単位の大規模な情報漏えいや防衛企業を狙った攻撃など、情報セキュリティに関する事件がメディアをにぎわせています。不正アクセスが愉快犯ではなく不当な利益を得ようとする犯罪目的となり、情報漏えいが事故ではなく事件となった今日において、情報セキュリティ対策、セキュリティリスクの再点検はオンラインビジネスのみならず、全ビジネスシーンにおいて共通の重要課題となっています。
当セミナーでは、これからの企業に求められるセキュリティ対策と危機管理のヒントを皆様に提供してまいります。

サイバー犯罪時代の情報漏えい対策セミナー 事務局

 
申し込みはコチラ
※定員になり次第締め切りとさせていただきますので、予めご了承ください

セミナー概要
セミナー名称

サイバー犯罪時代の情報漏えい対策セミナー

日時 2011年10月21日(金) 13:00〜16:30(受付開始 12:30)
会場 ベルサール神保町 3F Room 4+5  [会場地図]
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-2-1住友不動産千代田ファーストビル南館
受講予定者数

100名

受講料 無料(事前登録制)
受講対象 経営者、経営企画部門、情報システム部門の責任者の方。
内部監査、コンプライアンス、情報セキュリティ、Web担当者など
主催 ソフトバンク クリエイティブ株式会社
協賛 クオリティソフト株式会社
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社
バラクーダネットワークスジャパン株式会社
メディア協力   ソフトバンク ビジネス+IT

基調講演
三輪 信雄 氏
グループ企業におけるセキュリティ最新動向
〜運用重視のセキュリティ対策への進化〜


S&Jコンサルティング株式会社
代表取締役社長
三輪 信雄 氏
[プロフィール ]1995年より日本で情報セキュリティビジネスの先駆けとして事業を開始し、技術者コミュニティとしてFWDを組織し業界をリードした。また、日本のWindows製品に初めてセキュリティパッチを発行させた脆弱性発見者としても知られている。Netscape,PGP,Trendmicroその他多くの製品の脆弱性を発見してきた。
また、無線LANの脆弱性として霞が関や兜町を調査し報告書を公開してNHKで報道された。
Webアプリケーションの脆弱性について日本で初めて問題を発見・公開し現在のWebアプリケーションセキュリティ市場を開拓した。また、セキュリティポリシーという言葉が一般的でなかったころからコンサルティング事業を開始して、さらに脆弱性検査、セキュリティ監視など日本での先駆けとなり、業界リーダーとしてJASDAQ店頭公開まで導いた。政府系委員の経験もあり今後の政策展開についても最新の情報を持ち、さらに、政策そのものに有識者としての提言を積極的に行っている。

プログラム
13:00〜14:00
【基調講演】
グループ企業におけるセキュリティ最新動向
〜運用重視のセキュリティ対策への進化〜

S&Jコンサルティング株式会社
代表取締役社長
三輪 信雄 氏
講演内容 : グローバル企業を狙ったWebサイトへの大規模な攻撃、軍需産業を狙った標的型攻撃など、「サイバー攻撃は他人事」ではすまなくなり、日本でも主要なグループ企業が本格的な対策に乗り出しています。しかしながら、ハコモノに頼ってきたこれまでの対策では新しい攻撃には対応できません。本講演では、サイバー攻撃の現状と、グループ企業における対策について解説いたします。
14:00〜14:40
『個人情報/機密情報の組織内での取扱いから漏洩対策まで』

クオリティソフト株式会社
ビジネス企画本部 アドバンストソリューション部
ドキュメントソリューションスペシャリスト
秋子 英明 氏
講演内容 : クライアントPCに散らばる重要情報ファイルは、漏洩の危機に日々さらされています。 漏洩経路は複数あり、個々の対策に追われ、抜本的な対応が必要です。当社の情報漏洩対策ソリューションをご説明致します。
14:40〜14:55
休憩
14:55〜15:35
『XTMで阻止する情報漏えい
 〜今、最も危険なWebアプリケーション〜』


ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社
代表取締役社長
本富 顕弘 氏
講演内容 : サイバー攻撃の標的は、Webアプリケーションとデータです。主戦場はWebアプリケーションと言っても過言ではなく、企業にとって最も重要な資産であるデータが狙われています。本講演では、今後企業が継続的に運用すべき「アプリケーション・コントロール」と、その管理としての「見える化」に関し、日米の事例を含め解説します。
15:35〜16:15
『狙われるWebアプリケーションの脆弱性とその対策』

バラクーダネットワークスジャパン株式会社
システムエンジニア
佐藤 栄治 氏
講演内容 : 昨今、Webアプリケーションに脆弱性があるサイトを狙って、SQLインジェクションなどの手法で攻撃してくるケースが急増しています。ハッカーは、スキャニングして脆弱性のあるサイトを見つけ出し攻撃してくるため、被害はWebを立ち上げている全ての企業が直面する問題となっており、対策が急務となっています。このような脆弱性を突いた攻撃手口の代表例や、何故ネットワークファイアウォールでは防げないか等をご説明するとともに、WAFアプライアンスの活用法について「ハッキングデモ」を交えながらご紹介します。
16:15 〜16:30
ブース交流等
※プログラムは都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。

申し込みはコチラ
※定員になり次第締め切りとさせていただきますので、予めご了承ください


●各社デモブースをご用意。皆様からのご質問にお答えいたします(休憩時間内での対応となります)
クオリティソフト
クオリティソフトの情報漏洩対策ソリューション QGG、QOH、eXWPのデモを実施。講師と直接お話頂けます。情報セキュリティ管理者、Pマーク運用ご担当者様にお薦めです。お越し頂いた方もれなく、ノベルティを進呈致します。
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン
ネットワークのあらゆる脅威をブロックするオールインワン・セキュリティ・ソリューション『WatchGuard XTM』や、WatchGuard SSLを展示。講師と直接お話頂けます。
バラクーダネットワークスジャパン
Barracuda Web Application Firewallの静態展示を実施。管理画面のデモをご紹介いたします。
また、お越し頂いた方にもれなく、特製ボールペンを進呈致します。


■お問い合わせ
ソフトバンク クリエイティブ
ソフトバンク ビジネス+IT編集部
サイバー犯罪時代の情報漏えい対策セミナー 事務局
東京都港区六本木2-4-5 TEL:03-5549-1140 

https://form.sbcr.jp/seminar/