セキュリティマネジメントセミナー 2012


 クラウド利用の本格化、スマートフォンやタブレットなどの新しいデバイスの登場、さらには社会インフラの制御まで、IT活用のすそ野は広がり続けています。  一方、昨今では標的型攻撃やハクティビストの台頭など、新しい脅威も生まれ、政府、企業、個人それぞれがさまざまなリスクにさらされています。企業におけるITの役割はますます重要性を増しており、一度機密情報を失った場合、事業の存続にかかわる可能性もあります。
 本イベントでは、拡大化・深刻化するセキュリティの問題に対し、どのように対策を行い、またどのように「最悪の事態」を想定し、そこからどう早期に復旧するのかについて、最新の動向を交えながら解説してまいります。

セキュリティマネジメントセミナー 2012 事務局

セミナー概要
セミナー名称

セキュリティマネジメントセミナー 2012
複合化する脅威から企業の情報やシステムを確実に守る

日時 2012年9月4日(火) 13:30〜18:20(受付開始 12:30)
会場 ベルサール神田 2F ホールAB  [会場地図]
〒101-0053 東京都千代田区神田美土代町7 住友不動産神田ビル
受講予定者数

400名

受講料 無料(事前登録制)
主催 ソフトバンク クリエイティブ株式会社
協賛 株式会社ソリトンシステムズ
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
図研ネットウエイブ株式会社/フォーティネットジャパン株式会社
株式会社フォティーンフォティ技術研究所
メディア協力 ソフトバンク ビジネス+IT

基調講演
安田 浩 氏

新しい脅威に企業はどう備えるべきか

東京電機大学教授 未来科学研究科委員長、未来科学部長
東京大学名誉教授
工学博士
安田 浩 氏

[講演概要]最近インターネットからの攻撃やそれにともなう情報漏洩が深刻かつ頻繁となっている。その状況を検討し、対応策と効果について検証する。単にアンチウィルス対策をするのではなく、情報通信処理システムのアーキテクチャそのものを強靭とすることが必要であることを解説する。

[プロフィール] 昭和42年東京大学工学部電子工学科卒業、昭和47年同大学院博士課程修了。同年4月日本電信電話公社入社。NTT理事・情報通信研究所所長を経て、平成9年3月退社。NTT在職中は、画像符号化、画像信号処理、マルチメディアサービスに関わる研究・開発に従事。
平成9年4月東京大学教授、先端科学技術研究センター所属。平成10年4月から平成19年3月同大学教授、国際・産学共同研究センター所属。平成15年4月〜平成17年3月国際・産学共同研究センター長就任。平成19年4月より東京電機大学教授、未来科学部 情報メディア学科所属。平成20年6月〜平成23年3月総合メディアセンター長。平成23年4月より未来科学研究科 委員長、未来科学部 学部長に就任。高速通信網およびその応用、インターネットおよびその応用、画像処理・画像符号化・知的財産権保護技術の研究ならびに感性工学研究に取組中。

プログラム
13:30〜14:30

【基調講演】
新しい脅威に企業はどう備えるべきか

東京大学名誉教授
東京電機大学 未来科学部 学部長
未来科学研究科 委員長
安田 浩 氏

講演内容 : 最近インターネットからの攻撃やそれにともなう情報漏洩が深刻かつ頻繁となっています。その状況を検討し、対応策と効果について検証する。単にアンチウィルス対策をするのではなく、情報通信処理システムのアーキテクチャそのものを強靭とすることが必要であることを解説します。[本セッションはレジュメの配布はありません。予めご了承ください]
14:30〜15:20

マルチデバイス環境における認証セキュリティとその実現方法

株式会社ソリトンシステムズ
プロダクトマーケティング部
プロダクトマネージャ
宮崎 洋二 氏
講演内容 : スマートフォンをはじめとする急速なマルチデバイス利用の普及は、ビジネス環境に大きな変化を起こしました。ネットワークデバイスの多様化と、「時」と「場所」を意識しない働き方の広がりは、デバイスの管理と認証の重要性を高めています。本セッションでは、多種多様なデバイスと利用者を確実に認証する方法として再注目される、デジタル証明書やワンタイムパスワードを活用したソリューションを中心にご紹介します。
15:20〜15:30
休憩・ブース交流会
15:30〜16:10
事例で見る!巧妙化する脅威とセキュリティ対策

フォーティネットジャパン株式会社
コーポレートマーケティング部 部長
余頃 孔一 氏

図研ネットウエイブ株式会社
営業本部 マーケティング部 ビジネス推進課 課長
武藤 耕也 氏
講演内容 : 昨今、標的型攻撃やハクティビスト等、サーバー犯罪が増加し、情報漏えい、Webの改ざん等、企業、政府にだけではなく、個人の生活にまで害を及ぼしつつあります。 そしてその一方で効率や利便性を追求する技術は日進月歩絶えず革新を続け、BYODでのスマートデバイス、スマートフォンの業務利用や、システムのクラウド化もすすんでいます。 効率や利便性を求め続けた結果さまざまな技術が生み出されると同時にそれは攻撃の対象を増やしてしまっていることも事実です。 本セミナーでは年々巧妙化するサイバー攻撃とその攻撃を未然に防ぐ対処法、事例をわかりやすくご説明いたします。
16:10〜16:50
どこから取り掛かるか!! 最新の脅威対策

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
システム・エンジニアリング本部、SE、マネージャー
小高 克明 氏
講演内容 : 今日の脅威は業種、規模を問わずあらゆる組織が攻撃の対象となる可能性を秘めています。こうした中、私たちが利用するネットワーク、ITのシステムはビジネスの生産性や生活サービスの維持、継続を確実とするセキュリティの拡張が求められています。
本セッションでは、クラウド環境の利用などITインフラに変化や各組織において従来のセキュリティ対策の条件が異なることを前提に、何を優先的に強化するか? コスト効果に優れた手順は? などをテーマとして効果的なセキュリティ対策を解説します。
16:50〜17:00
休憩・ブース交流会
17:00〜17:40
標的型攻撃の行方

株式会社フォティーンフォティ技術研究所
執行役員 技術戦略室長
村上 純一 氏
講演内容 : 標的型攻撃は従来脅威と異なり攻撃対象が限定的、加えて未知脆弱性の悪用等、高度な技術要素により対策が困難な状況にあります。これを受けてセキュリティ対策の考え方も「出口対策」の登場等、構造の変化が求められています。一方でこうした「新たな脅威」は絶え間なく出現しており、脅威の全体像の中で標的型攻撃の本質的脅威、対策の必要性、その方策は明らかになっていません。本セッションでは、過去及び今後の動向を踏まえて、標的型攻撃とどのように向き合っていくべきかお話します。
17:40〜18:20
【特別講演】
サイバーセキュリティに関する課題と取組について(仮)

経済産業省
商務情報政策局
情報セキュリティ政策室 課長補佐
佐藤 明男 氏
講演内容 : 昨今のサイバーセキュリティの現状を踏まえた課題と、経済産業省において取り組んでいる施策を紹介する。
18:20〜
ブース交流等
※プログラムは都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。




■お問い合わせ
ソフトバンク クリエイティブ株式会社
ソフトバンク ビジネス+IT編集部
セキュリティマネジメントセミナー 2012 事務局
東京都港区六本木2-4-5 TEL:03-5549-1140 (平日10:00〜19:00) 

https://form.sbcr.jp/seminar/