被害報道が拡大の一途をたどる標的型サイバー攻撃について、なりすましメールによるマルウェア感染やソーシャルエンジニアリング、特定Webサイトを狙ったいわゆる水飲み場攻撃、パスワードアタックなど、ますますその手段が巧妙化・複雑化しています。当企画では直面する脅威と課題に対し、現状の認識と、今から取り組める具体的な課題解決の手段やポイントを整理してまいります。

本セミナーは受付を終了いたしました。
今後ともビジネス+ITセミナーをよろしくお願い申し上げます。



セミナー概要
名称 標的型サイバー攻撃 リスクマネジメントセミナー 2014
日時 2014年12月12日(金) 13:00〜16:50(受付開始 12:30)
会場 ベルサール九段 4F Room4 [会場地図]
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-8-10 住友不動産九段ビル
現地連絡先 : 03-3261-5014
定員 100名
受講料 無料(事前登録制)
主催 SBクリエイティブ株式会社
協賛 トリップワイヤ・ジャパン株式会社
株式会社FFRI
EMCジャパン株式会社 RSA事業本部
NSFOCUSジャパン株式会社
メディア協力  ビジネス+IT
基調講演

攻撃の傾向にみるサイバー脅威への対応と対策

JPCERTコーディネーションセンター
理事、分析センター長
真鍋 敬士 氏

[プロフィール]ノーザンライツコンピュータ、テンアートニ において、Linuxソリューション開発、システム構築、アプリケーション開発業務にシニアマネージャとして従事、2000年、JPCERT/CC運営委員、2003年にJPCERT/CCの理事に就任。2005年よりJPCERT/CC分析センター長を兼任し、サイバー攻撃に使用されうる技術(アーティファクト)の分析及び攻撃関連情報の活用に関する業務に従事。 2004年サイマル株式会社取締役、2006年首都大学東京産業技術大学院大学情報アーキテクチャ専攻非常勤講師を務めている。

プログラム
13:00〜13:50
【基調講演】
攻撃の傾向にみるサイバー脅威への対応と対策

JPCERTコーディネーションセンター
理事、分析センター長
真鍋 敬士 氏
講演内容 : JPCERT/CCは日本における情報システムの円滑な運用とコンピュータセキュリティインシデントによる被害の最小化を図ることを目的に、不正利用サイトの閉鎖調整、インシデント対応支援、情報収集、分析、注意喚起等の情報発信および日本の窓口として国内外組織との連携・調整を行なう、CSIRT(Computer Security Incident Response Team)です。このセッションでは、近年の事例から標的型攻撃や水飲み場型攻撃といったサイバー攻撃に注目し、その対応や対策における課題や取り組みついて紹介します。
13:50〜14:30
【企業講演1】
守りから攻めに
〜未知のサイバー脅威に備える Tripwire の先進的ソリューション


トリップワイヤ・ジャパン株式会社
営業推進部 部長
小野 文豊
講演内容 : 近年の IT テクノロジーの発展と共に、サイバー攻撃の手法の巧妙化、被害規模の増大も益々進んでいます。特に最近では、既存のセキュリティ対策の枠組みでは予測し得ないサイバー攻撃の脅威やリスクも報告されております。本セッションにおいては、このようなサイバー攻撃の脅威に関する最近の傾向と対策のポイント、およびこれらの脅威に最適に対応するTripwire ソリューションの活用につきご紹介します。
14:30〜14:40
ブース交流・休憩
14:40〜15:20
【企業講演2】
標的型攻撃に対抗するための未知脅威対策

株式会社FFRI
事業推進本部 執行役員
川原 一郎 氏
講演内容 : 標的型攻撃に対抗するには従来型のセキュリティ対策だけでは守りきれません。標的型攻撃に悪用されるゼロデイ脆弱性攻撃や未知マルウェアといった未知脅威への対策が重要です。本講演ではエンドポイントで標的型攻撃を防御するための対策や未知マルウェア検知時のインシデントレスポンスに有効なソリューションをデモを交えてご紹介します。
15:20〜16:00
【企業講演3】
企業や組織でセキュリティ脅威対応専任チーム
「SOC(セキュリティオペレーションセンター)」構築が進む
背景と展望


EMCジャパン株式会社 RSA事業本部
事業推進部 ビジネスディベロップメントマネージャー
能村 文武 氏
講演内容 : 以前とは比較できないぐらい難しくなっている昨今のサイバー脅威ですが、その全貌の把握には膨大な時間を取られてしまいがちです。当セッションではその原因について整理するとともに、脅威の早期検知・早期対処に貢献するRSA Advanced SOCの機能とプロセスをご紹介いたします。
16:00〜16:10
ブース交流・休憩
16:10〜16:50
【企業講演4】
進化するウェブ攻撃
・・・従来スキームの限界とMSSによるゼロデイ対策


NSFOCUSジャパン株式会社
技術統括本部 部長
シニア アーキテクト
松原 星一
講演内容 : BOX型Webセキュリティは顧客・インテグレーターの運用限界に来ています。日々進化する攻撃に対してチューニングに追われる毎日では、リスクを軽減することが難しいと感じることでしょう。NSFOCUSは単なるアプライアンスの提供ではなく、脆弱性診断サービス、マネージドセキュリティサービスのソリューションセットを提供します。このソリューションセットがあれば、お客様のWebセキュリティはメーカークオリティのSLAで守られます。
※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。


各社デモブースをご用意。皆様からのご質問にお答えいたします(受付時間・休憩時間内での対応となります)

株式会社FFRI
エンドポイント型標的型攻撃対策で実績No.1のFFR yaraiをデモを交えてご紹介します。標的型攻撃の実態から取るべき対策についてご案内します。
EMCジャパン株式会社
RSA事業本部
セッションでご紹介するASOC (Advanced Security Operation Center) ソリューションに関する資料をご用意しております。また、2015年1月開催予定のASOC デモセミナーへのご参加お申込みを受付いたします。
アンケートに答えて頂いた方にノベルティグッズを進呈!
NSFOCUSジャパン株式会社
Web攻撃のメカニズムと対策について、NSFOCUS WAF を中心にデモンストレーションを行います。
※展示内容は都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

本セミナーは受付を終了いたしました。
今後ともビジネス+ITセミナーをよろしくお願い申し上げます。



■お問い合わせ
SBクリエイティブ株式会社 ビジネス+IT編集部 セミナー事務局
東京都港区六本木2-4-5 TEL:03-5549-1140(平日10:00〜19:00) 

http://www.sbbit.jp/inquiry/entry.aspx
※ソフトバンク クリエイティブ株式会社は2013年10月1日よりSBクリエイティブ株式会社に社名変更致しました。