このたび日本ティーマックスソフトでは Tmax Day Tokyo 2015「新しい未来に向けた新しいITの選択」と題しセミナーを東京にて開催する運びとなりました。

皆さまを取り巻くビジネス環境が、モダナイゼーション、ビッグデータ、クラウド、モバイル、IoTといったキーワードにあるように大きく変化している中、未来に向けた正しいITの選択が求められています。未来への架け橋となるIT技術は間違いなく皆さまのビジネスに貢献できるものであり、SoRからSoEへとパラダイムシフトが進む中、システム移行をご支援するティーマックスソフトの最新ITソリューションをご体感いただけましたら幸いでございます。

当セミナーでは、お客様による事例講演や、日頃から日本ティーマックスソフトのビジネスを支えてくださっているパートナー様からのご講演もございます。
ご多忙中の折とは存じますが、万障お繰り合わせの上ご参加賜りますようご案内申し上げます。



名称 Tmax Day Tokyo 2015
新しい未来に向けた新しいITの選択
日時 2015年12月2日(水) 13:15〜17:10 (受付開始12:45〜) 
会場 ザ・キャピトルホテル 東急 1階 鳳凰
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-10-3
Tel: 03-3503-0109
定員 200名
対象 社内にて情報システム関連に携わられている方、
社内にてITを利用して未来に向けた経営を考えられている方。
受講料 無料(事前登録制)
主催 日本ティーマックスソフト株式会社
特別協賛 アイ・アンド・シー、アイネス、アクティス、亜細亜情報システム、イーティエス、ウイングアーク1st、ウエルストーン、NHN テコラス、NCS&A、エヌ・ティ・ティ・コムウェア、キヤノンITソリューションズ、サイオステクノロジー、シーイーシー、CIJ、情報技術開発、ソフトロード、東京システムハウス、ニッセイ情報テクノロジー、日本ヒューレット・パッカード、日本マイクロソフト、日立製作所、富士通システムズ・イースト、ベンチュリーコンサルティング、ユニアデックス、レッドハット、ロンググロウ、ワンサークル (敬称略、社名50音順)
メディア協力
13:15〜13:25 開会のごあいさつ

日本ティーマックスソフト株式会社
代表取締役社長 佐藤 成徳

13:25〜13:45 あたらしい未来に向けTmaxSoft社がご提供する価値

日本ティーマックスソフト株式会社
営業統括本部副統括本部長 林田 真司

クラウド、モバイル、ビッグデータなど、新しいITインフラが活用できるようになってきたなかで企業として取り組むべき課題のひとつとしてデータの有効活用があります。そのような課題に対して弊社がどのようなご支援を企業に対して提供できるのか、弊社の価値についてご説明します。
13:45〜14:15 【事例講演】
『ReHOST』 as A Service
 〜稼働後初年度からコストメリットを享受できる
 富士通クラウドを利用したReHOSTソリューション〜


株式会社富士通システムズ・イースト
ITソリューション本部 クラウドインテグレーション事業部 基盤ソリューション部
部長 田中 信行 氏

本セッションでは、IBMメインフレームをリホストによって富士通クラウドへ移行し、初期導入コストを含めた費用削減に成功した事例をご紹介いたします。
14:15〜14:45 【事例講演】 
リホスト手法を用いた大規模モダナイゼーション事例


情報技術開発株式会社
東日本事業部 プロジェクト推進担当 上席PM 赤瀬 克己 氏

某物流大手のお客様にて利用している富士通メインフレームの大規模システム(COBOL:5万本以上)のリホストをOpenFrameにて1年5ヶ月で実施した成功事例をご紹介します。
14:45〜15:00 休憩
15:00〜15:50 【事例講演】 
基幹業務システム再整備の取組み


ライオン株式会社
統合システム部 主任部員 雨宮 一男 氏

ライオン株式会社では、長年使い続けてきたメインフレームをリホストによるマイグレーションでオープン化を実施し、運用コストの削減に成功しました。これを機に、社内に点在するデータを『経営に生かす』ため、データ分析の心臓部とも言えるデータ基盤を見直し、統合DBを利用したBIツールの開発にも着手しました。
これにより、業務部門とIT部門がより一層協力した開発が可能となり、情報システム部門による、業務改善や事業成長への貢献と、経営品質の向上に一層の期待が高まっています。本講演では、ライオン株式会社が取り組んだ「基幹業務システム再整備」の先進事例をご紹介します。
15:50〜16:20 NTTコムウェアでのTiberoに関する取り組み

NTTコムウェア株式会社
エンタープライズビジネス事業本部 第二ビジネス部 担当課長
坂口 俊孝 氏

NTTコムウェアにおけるTiberoに関する取り組みをご紹介します。

16:20〜16:40 【パートナー企業セッション】
Tibero RDBMS ユニアデックスの取り組み


ユニアデックス株式会社

本セッションでは、Tibero RDBMS ユニアデックスの取り組みとして、製品検証の内容や結果、冗長化構成例、社内導入事例などをご紹介いたします。
16:40〜17:00 【新製品発表】 
企業のビッグデータ活用を加速させる統合データ・ソリューション
「ZetaData」のご紹介


日本ティーマックスソフト株式会社
代表取締役副社長 羅 鍾弼

近年の企業におけるビッグデータの活用は、自社の競争力強化につなげるために必要不可欠な取り組みとなってきています。ビッグデータに取り組む企業が年々増加する中、ビッグデータ活用を支えるデータベース基盤への高い性能やリアルタイムのデータ処理性が求められています。
このたびティーマックスソフトでは、新たな統合データ・ソリューションとして、ハードウェアに依存しない、統合データ・ソリューション「ZetaData」を日本のお客様に向けてご提供開始いたします。本講演では、日本発売開始に先駆け、統合データ・ソリューション「ZetaData」の概要についてご紹介いたします。
17:00〜17:10 閉会のごあいさつ

日本ティーマックスソフト株式会社
代表取締役副社長 羅 鍾弼

※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

※同業他社のご参加はお断りする場合がございますのでご了承ください。
※お申し込み多数の場合は抽選制とさせていただきます。

特別協賛
ロゴ ロゴ ロゴ ロゴ ロゴ
ロゴ ロゴ ロゴ ロゴ ロゴ
ロゴ ロゴ ロゴ ロゴ ロゴ
ロゴ ロゴ ロゴ ロゴ ロゴ
ロゴ ロゴ ロゴ ロゴ ロゴ
ロゴ ロゴ