Nimble Storageは、プレディクティブフラッシュストレージソリューション分野を代表する企業です。Nimbleが提供するプレディクティブフラッシュプラットフォームでは、フラッシュのパフォーマンスと予測分析を組み合わせることにより、複雑なITインフラストラクチャが原因となるデータ速度への障壁を予測して防止します。
Nimbleのお客様は、重要なビジネスプロセスを高速化する絶対的パフォーマンス、無停止による可用性、およびクラウド並みの迅速性を実現することができます。現在、Nimbleのプレディクティブフラッシュプラットフォームは、50か国7,500を超える企業、政府機関、およびサービスプロバイダに採用されています。
日本国内においても、数ある老舗/新興ストレージベンダーとの競合の中、その独自アーキテクチャにより、高い成長を見せ、着々と採用企業を増加させています。
本セミナーでは、最新事例のご紹介により、お客さまがどのような課題を抱え、なぜNimbleを選択し、どのような結果がもたらされたかを詳しくご紹介します。また、これに加え、デモンストレーションなどを通じ、Nimbleがなぜ市場から強い支持を受けているかについて、詳説します。

※競合他社のご参加はお断りする場合がございますのでご了承ください。

セミナー概要
名称 いまストレージ市場でNimbleが破竹の勢いを見せる理由とは?
プレディクティブフラッシュプラットフォーム
Nimbleストレージセミナー
日時 2017年5月17日(水) 14:30〜16:30 (14:00受付開始)
会場 アキバプラザ 7F VDIイノベーションセンター[会場地図

〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフトビル 7F

受講料 無料(事前登録制)
定員 25名
主催 アセンテック株式会社、Nimble Storage Japan合同会社
メディア協力
プログラム

14:30〜15:20

ハイパフォーマンスストレージ市場でNimbleが支持される理由とは?
ストレージ市場を変革するNimbleの革新的アーキテクチャのご紹介


アセンテック株式会社 荒田 直敬

オールフラッシュストレージ「Nimble Storage AFシリーズ」とハイブリッドストレージ「Nimble Storage CSシリーズ」は、共通のユニファイド フラッシュファブリック統合アーキテクチャにより開発されており、アプリケーション特性やレイテンシ要求レベルに応じて両シリーズを混在させたスケールアウト構成やレプリケーション構成を組むことが可能です。本講演では、グローバルで高い支持を集めるNimbleストレージの革新的アーキテクチャをご紹介します。

15:20〜15:50

ストレージライフサイクルをプロアクティブに管理可能!
クラウド型マネジメントシステム「Nimble Storage InfoSight」を知る!

Nimble Storage Japan合同会社

システム管理者の運用負荷を大幅に軽減するクラウド型マネジメントシステム「Nimble Storage InfoSight」。その先進性により、システム管理者の運用負荷が大幅に軽減され、ストレージライフサイクルをプロアクティブに管理することが可能となります。本講演では、この「Nimble Storage InfoSight」について、デモを交えて詳説します。。

15:50〜16:20

“ここでしか聞けない!”Nimbleストレージ非公開最新事例
Nimbleを採用した決め手と、Nimble販売についてご紹介


アセンテック株式会社

Nimbleストレージは、2013年、日本展開開始以来、数ある老舗/新興ストレージベンダーとの競合の中、その独自アーキテクチャにより、高い成長を見せ、着々と採用企業を増加させています。多くの競合ストレージが存在する中、お客さまは何を決め手にNimbleを選択したのか?ここでしか聞けない非公開事例のご紹介を通じ、Nimbleでしか実現できない圧倒的な優位性をご紹介します。また、このNimbleストレージの販売やパートナーご支援などについてご紹介します。

16:20〜16:30

質疑応答
※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

※競合他社のご参加はお断りする場合がございますのでご了承ください。