ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
81件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【ジャンル】ハードウェア>サーバ

  • SBIリクイディティ・マーケットは、SBIグループにおける外国為替事業を統括している。同社は2008年の設立以来、右肩上がりの成長を続け、その売買金額は2016年に、都協証券取引所第一部の売買金額を上回る684兆円に達した。しかし、2016年は英国のEU離脱や米国大統領選など、世界規模で不確実性が高まり、FX取引への影響も大きかった。にもかかわらず、同社のFX取引システムは揺らぐことはなかった。リスクを見極めながらシステム全体を強化し、予測不可...

  • SBIグループにおける外国為替事業を統括するSBIリクイディティ・マーケット。同社は2008年の設立以来、右肩上がりで成長を続け、2016年におけるFX売買金額は684兆円に達した。同社は顧客からのアクセスを受けるクライアント系システムを刷新。24時間無停止でFX取引サービスを提供し、1日1億件以上のトランザクションをリアルタイムで処理するシステムとして、コンポーザブル・インフラ製品「HPE Synergy」を選択した。わずか30秒で物理サーバの役割を自...

  • IoTやAI、フィンテックといった先進技術の発展によって、データセンターは変革の時期を迎えている。企業が取得・収集・保有するデータ量は飛躍的に増大し、ビジネスにおけるIT需要がますます予測困難化しているのだ。こうした中で、サーバー、ストレージ、ネットワークといったITリソースをソフトウェアで制御する「SDx(Software Defined Anything)」が実用フェーズに入っている。SDxは、企業のビジネスやイノベーションをどのように支えるのか。SDxを...

  • 「デジタル・トランスフォーメーション」を実現するため、柔軟で拡張性の高いITインフラとして、IaaSやPaaSといったパブリッククラウドを選択する企業が増えている。しかし、「クラウドファースト」という言葉がさかんに叫ばれている中でも、クラウドを利用しない、あるいは今後も利用する予定がないという企業はまだまだ存在する。なぜデジタル変革を目指す企業でも「クラウドファースト」に移行できないのだろうか。また、その解決策となるハイパーコ...

  • 標的型攻撃による情報流出は、情報セキュリティにおける重大な脅威となっている。今後求められるのは、侵入されることを前提したセキュリティ対策の強化だが、従来型のファイアウォールでは対策しきれない場合がある。本資料では、仮想マシン単位でファイアウォールを設置することで脅威の拡散を効率的に防止する「分散ファイアウォール」について解説。データセンター全体にセキュリティ機能を「浸透」させることで、マルウェア感染した場合の影響範囲...

  • ハイパーコンバージドインフラ(HCI)に手が届かない中堅・中小企業や「1人情シス」にとって、ITインフラの柔軟性を確保しながら、管理負荷を軽減することは非常に重要なミッションといえる。本資料では、HCIの利便性とスモールスタートを両立する方法を解説する。

  • Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureといったパブリッククラウドの普及を尻目に、「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」と呼ばれるITインフラが注目を集めている。サーバ、ストレージ、ネットワークと仮想化のテクノロジーを1つの筐体に集約し、シンプルで拡張性の高い企業システムを構築できることから、データセンターを運用する大手企業やスピードを必要とする企業などで導入がすすんでいる。既存のITインフラやコンバージドインフラとの...

  • 俗人的で手作業の多い運用管理、構成変更や管理のたびに発生するドキュメント作成と承認フロー。IT基盤の運用全体を俯瞰すると、まだまだ解決すべき課題は残っている。こうした中で注目されるのが、データセンターで提供されるリソース全体を仮想化し、運用の自動化を目指す「Software-Defined Data Center(SDDC)」だ。今回はIT基盤を「物理層」「論理層」「仮想マシン層」「ミドルウェア層」「アプリケーション層」の5つのレイヤーに分けてそれぞれの...

  • 新規サービス立ち上げ等のインフラとして、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azure、Google Cloud Platformといったパブリッククラウド(クラウド)を積極活用する企業が増えてきた。しかし、全面的にクラウドに移行している企業はまだまだ少なく、オンプレミス・システムとのハイブリッドクラウドを選択しているため、IT部門は依然としてオンプレミスサーバーの管理に悩まされているのが現状だ。絶対に故障しないと言い切れるサーバーは残念なが...

  • クラウドやソーシャル、ビッグデータなどを駆使し、イノベーションを創出する「デジタル変革」が加速している。一方で、これら新しいテクノロジーも、すべての課題が解決できる万能なものではない。そのため、企業のIT部門にはさまざまなテクノロジーを組み合わせてベストブリードを展開する「ITサービスブローカー」としての役割が求められている。次世代ネットワークプロトコルの研究開発や、クラウドコンピューティングとSDNの信頼性と耐障害性の向上...

  • アマゾンのクラウドサービス、AWS(Amazon Web Services)の波が、企業向けITの領域を一気に浸食してきている。新たなWebサービスを開始するような場合はもとより、重要な社内システムでさえもAWS上へ移行する企業も出てきており、本格的なクラウド時代が到来している。従来、クラウドはITリソースの増減の激しい分野に向いていて、トラフィックが一定の社内システムなどの領域には向かないとされてきたが、なぜ社内システムにもクラウドなのだろうか。...

  • 高エネルギー加速器研究機構(KEK)は、宇宙初期に起こったと考えられる極めてまれな事象を再現し、未知の素粒子や力の性質を明らかにするための国際共同実験として、2017年秋より、「Belle U(ベル・ツー)実験」のビーム衝突運転を始める。この研究活動を支える中央計算機システムが全面的に刷新された。これまでと「桁違い」のコンピューティング・パワーを実装したKEKの中央計算機と、これを安定的に稼働させるITインフラの秘密を解き明かそう。

  • ビッグデータ活用の必要性は感じていても、一体何から手を付けて良いのかわからないという企業は多い。とある生活雑貨メーカーのA社も、同じ悩みを抱えていた。経営層からの指示を受けた同社の新規事業推進部は、とりあえず各部署が抱えるデータ活用の課題をヒアリングするところから始めるのだが…。

  • さまざまなテクノロジートレンドが変化し、デジタル変革に取り組む企業にとっては、ビッグデータの活用が急務となっている。これまで企業が投資してきた、ビジネスに欠かせない「守りのシステム」である基幹系データのデータを活用しつつも、来たるビッグデータやIoT 時代に備えて「攻めのシステム」をビジネススピードに沿うように構築するには、どのようなシステムアーキテクチャで設計すべきかベストプラクティスが求められている。インメモリ・プラ...

  • コスト削減などを目的に、多くの企業が仮想化技術を採用した結果、物理サーバ1台あたりの集約度が進み、そこで求められる性能が高くなっている。また、ITがビジネスに与える影響は拡大しており、その可用性や信頼性への要求も大きくなる一方だ。こうした状況で、今後、どのようにITインフラを構築していけばよいのだろうか。MM総研 クラウド&モバイル・ソリューション研究グループ 執行役員 研究部長の中村 成希 氏に聞いた。

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料