ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
21件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【ジャンル】IT戦略>IT市場調査

  • 高エネルギー加速器研究機構(KEK)は、宇宙初期に起こったと考えられる極めてまれな事象を再現し、未知の素粒子や力の性質を明らかにするための国際共同実験として、2017年秋より、「Belle U(ベル・ツー)実験」のビーム衝突運転を始める。この研究活動を支える中央計算機システムが全面的に刷新された。これまでと「桁違い」のコンピューティング・パワーを実装したKEKの中央計算機と、これを安定的に稼働させるITインフラの秘密を解き明かそう。

  • グローバル企業のCEOは、海図のない航海をしているようなものだ。こうした中で重要なのが、テクノロジーの進歩、人口構造変化、急速な都市化など、世の中の既成の概念を覆すほどの大きな力を持った地政学や経済のマクロな動き、いわゆる「メガトレンド」を理解し、対応することである。世界のCEOは今、何を考え経営の舵取りをしているのか。PwC Japan 日本代表 鈴木 洋之氏が、世界のCEOを対象に行った「世界CEO意識調査」の結果を読み解いた。

  • 2011年3月11日の東日本大震災から6年が経過した今、ビジネスの現場はいつ来るかわからない脅威にどのように備えるかを再検討する必要がある。TIS 執行役員 プラットフォーム サービス本部 プラットフォームサービス事業部長の阿久津晃昭 氏と、レノボ・ジャパン データセンター・ソリューション事業本部 ビジネス開発本部本部長の星雅貴 氏は、日経ビジネスオンライン主催の「経営課題解決シンポジウム」に登壇。東日本大震災の経験から得た教訓や、近年...

  • ビジネスやテクノロジーの専門家コミュニティであるWikibonの調査によると、継続的なITオペレーションの管理作業にIT部門が投じている額は、世界全体で3,000億ドル(31兆5,000億円)以上に及ぶ。こうした管理は非定型な作業で、アプリケーションが価値を生み出すまでの時間(価値実現時間)の短縮やITコスト削減にほとんど寄与していないばかりか、IT部門の生産性を阻害する要因にもなっている。しかし、コンバージドアプリケーションアプライアンスを導...

  • スーパーやコンビニに並ぶ食品の多くに使われている真空パックを製造する「真空包装機」の大手メーカーとして知られる古川製作所。激化する国内外のメーカーとの競争に勝つため、同社は2016年4月に取締役会直属のIT戦略室を設置している。同戦略室の掲げた目標は「技術革新」「生産性向上」「各種業務の効率化」によって市場を拡大していくことだ。業務革新の一環として取り組んだのが、財務会計システムの再構築である。クラウドかオンプレミスか… プ...

  • Lenovoサーバーは、大型コンピュータなどの分野で長年にわたる実績を持つIBM社が手がけてきた高機能なx86サーバーだ。IBM社のx86サーバー部門がレノボへと統合された現在、サーバー事業を主導していた米本社(ノースカロライナ州ラーレイ)をはじめ、当時の製品開発を支えていた研究開発施設やエンジニア、さらには製造・供給体制までもがレノボへと継承されている。本資料では、フラッシュストレージのテクノロジーによってシステムおよびアプリケーシ...

  • 2007年にサイバーエージェントのインターネット広告部門を分社化して設立されたマイクロアド。国内を代表する大手インターネット広告会社の一角を占める同社は、アドプラットフォーム事業とアドネットワーク事業を中心にビジネスを展開している。のべ4億ユニークブラウザにものぼる膨大な行動データを分析し、年齢や性別、地域ごとの行動の違いや広告への反応、商品への興味関心の有無を導き出す次世代マーケティング基盤「UNIVERSE」を提供するマイクロ...

  • ドイツのヴァルドルフに本社を置き、世界130カ国に展開しているSAP SEは、企業の基幹業務や顧客管理を支えるアプリケーションの開発元として広く知られている。クラウドベースのSAPソリューションを選ぶユーザーが増えるに伴って、同社のインフラには大きな負荷がかかっている。そのうえ、TCO(総所有コスト)の目標を満たしつつ、キャパシティとスケーラビリティも常に確保しなければならない。そんなSAPのITインフラ全体を支えているのが、レノボのシ...

  • 1918年に創業し、医療機器、理化学機器、病院設備などの医療機器の卸売事業を手広く展開しているムトウ。同社は地域に根付いたビジネスを日本全国で展開し、医療機器商社として国内最大の規模を誇っている。ムトウが扱う商材は30万点以上にのぼり、業務を遂行する上では、ITによる効率化が欠かせない。その一方で、医療分野というビジネスの性格上、ITシステムには高い安定性と信頼性も求められる。顧客である病院の医師からは、過去に販売した機器の情...

  • セキュリティ対策やワークスタイル変革、生産性向上などの目的でシンクライアントを導入する企業や団体が増えている。中でも多くの企業が注目し、導入を進めているのが「VDI(Virtual Desktop Infrastructure:デスクトップ仮想化)」だ。その一方で、導入にかかる多額の費用などを理由に導入に踏み切れないケースや、導入を断念しているケースも少なくない。こうした中、従来型のVDIの課題を解決する新たなフェース「VDI2.0」が登場している。VDI2.0は...

  • マーケティング担当者は、数年後を見据えた戦略を立案するためにも、常に最新のトレンドに目を光らせておきたい。ジャストシステムのセルフ型ネットリサーチ「Fastask」で、マーケティングトレンドに関するアンケート調査を行った。マーケターのSNSの利用状況やニュースアプリの利用状況、オウンドメディアの状況や2015年気になったトピック、2015年のマーケティングキーワードなどを聞き出しているので、参考にしてほしい。

  • 消費者の購買行動がソーシャルへと急速にシフトしている今、SNSを利用したプロモーションは避けて通ることはできない。ジャストシステムは、セルフ型ネットリサーチ「Fastask」でSNSプロモーションに対する消費者動向調査を行った。チェックしている有名人公式ブログの掲載先や、「LINE@」と友だちになった理由、LINE「公式アカウント」からのメッセージを見る頻度など、SNSプロモーションを実施する上で興味深いデータが満載だ。

  • 多くの企業で取り組みが活発化しているオウンドメディア。マーケティング担当者はどう向き合っているのか? オウンドメディアの認知度や運用目的、運用方法、予算、効果、課題などを、ジャストシステムのセルフ型ネットリサーチ「Fastask」でアンケート調査を実施した。

  • 情報収集にSNSアプリを活用するのは今や当たり前となっている。ジャストシステムのセルフ型ネットリサーチ「Fastask」で、「Facebook、Twitter、LINE、Instagramのいずれかを利用している」と回答した10代〜60代の男女668名にSNSの利用状況に関するアンケート調査を実施。繋がっている友達の数、企業やブランドのフォロー数など、SNS利用の実態が浮き彫りとなった。

  • 便利で手軽なイメージのあるネットリサーチだが、使いづらさがビジネスの流れを止めていないだろうか。ジャストシステムのセルフ型ネットリサーチサービス「Fastask」なら、必要なときに必要なデータを、迅速に、他サービスのおよそ1/3の価格で調査できる。

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料