開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
  • 【事例取材】クラウドで中小企業のワークスタイル変革を狙うライド ~Parallels Automationで「スピーバー」を一新

パラレルス株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2011/11/30

【事例取材】クラウドで中小企業のワークスタイル変革を狙うライド ~Parallels Automationで「スピーバー」を一新

中小企業向けクラウドサービス事業者を支えるParallels Automation

中小企業のIT導入支援を通じ、中小企業のワークスタイル変革を目指すライド。同社は、Parallels Automationを導入することでクラウドサービス「スピーバー」を一新した。ここではその狙いと背景について、ライドの代表取締役である中野 浩也氏にお話を伺った。

クラウドサービスで中小企業のワークスタイルを変える

 ライドは、ラディックス社のインターネットサービス部門が独立して生まれた企業だ。ラディックスは中小企業向けに、OA機器の販売や関連の施工業務をワンストップで提供している。1999年に設立されたインターネットサービス部門では、中小企業に必要なITの一環として、レンタルサーバを提供していた。2003年にはホスティングサービス「スピーバー(Speever)」がスタートし、2004年にライド株式会社として分社、独立している。

photo
ライド
代表取締役
中野 浩也氏
 ライドをはじめ、ラディックスグループでは、一貫して中小企業にフォーカスしてビジネスを展開してきた。ライドの代表取締役である中野 浩也氏は、中小企業の動向を肌で感じてきたその経験の中で、近年成長著しいクラウドが中小企業に与えた大きなインパクトについて語る。

 「これまでのITは、社内にある程度の知識と技術を持つ人材を抱え、しっかりとしたシステムを構築しなければ使えませんでした。しかし中小企業では、IT担当者のリソースは非常に限られていて、専任の者がいないケースすらままあります。そうした多くの中小企業にとって、ITの敷居は高いままでした。その敷居を下げたのが、クラウドです。特別な知識がなくてもサービスとして使えるクラウドをきちんと活用していくことが、中小企業活性化のために必要だと考えています」

 中小企業を元気にしたいのです、と中野氏は重ねて強調する。こうした考えのもと、ライドは「中小企業のワークスタイルを変えよう」という理念を掲げ、中小企業向けのクラウドサービス提供に力を入れている。スピーバーもその1つだ。当初はレンタルサーバとして提供されていたが、2011年、より広範なサービスを提供するクラウドサービスとして生まれ変わった。

新生スピーバーにParallels Automationを使用した理由とは

 新生スピーバーは、これまでのレンタルサーバと同様に中小企業向けに提供されるサービスだ。しかし、以前のスピーバーがスタートした当初とは時代が移り変わり、サービスに求められるものも同時に大きく変化している。

 「これまで中小企業が使うITといえば、Webサーバとメールサーバが中心でした。それ以外のITシステムはまず技術的な要件を固めなければ利用できず、何があれば何をどこまでできるのか、判断が難しかったのです。しかしクラウド化が進み、サービスや機能が明確になれば、導入後のメリットも見えやすくなります。今後はサービスを主体に、『得られるメリットは何か』を提案していかなければならないと考えています」

 中野氏はニーズの変化についてこのように語った。ニーズが変化すれば、サービスを提供するためのプラットフォームに求められるものも変化する。ライドも、新生スピーバーのスタートに際し、新たなクラウドプラットフォームを導入することを決意した。

 「以前からサーバ管理の自動化製品を使っていましたが、それはレンタルサーバに特化した製品でした。しかし新生スピーバーでは、レンタルサーバは数多く提供されるクラウドの1サービスにすぎません。多様なサービスを展開できる新たなプラットフォームへと転換しなければなりませんでした。そのために私たちが選んだのが、『Parallels Automation』です」

 しかし、なぜParallels Automationを選択したのだろうか。中野氏はクラウドサービスのプラットフォームを選ぶに当たり、重要視したポイントを語ってくれた。

この記事の続き>>  クラウドプラットフォームの選定で
             ライドが重視した3つのポイント

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!