IT導入支援

会員限定

SCSK株式会社 (協力:GMOインターネット株式会社)提供コンテンツ

2017年09月11日

なぜ既存クラウドの多くが、オンプレとうまく共存できないのか

企業のクラウド活用が本格化してきた。しかし、いざ導入しようとすると、なかなかうまくいかない、思っていた理想が実現できない、というケースは少なくない。というのも、企業の多くは独自の要件を持ち、汎用的なパブリッククラウドサービスではそのニーズが十分に満たせないケースがあるからだ。また、企業側に運用ノウハウや技術者が不足して、十分に使いこなせていないという理由もある。企業はこの問題にどう立ち向かえばよいのだろうか。

photo

日本企業での本格的なクラウド活用はまだこれからだ

(© Alexander Pokusay – Fotolia)


既存のクラウドは企業のきめ細かいニーズに応えられない

 ビジネスの変化に合わせて、ITリソースを柔軟に増減できるクラウドは、今や企業向けITの領域でも強い武器として認められてきている。しかし、ある調査によれば、2017年1月時点の日本におけるクラウド採用率は2割弱にとどまっている。

photo

GMOインターネット
システム本部
クラウドサービス開発部
ネットワークプロダクトチーム
マネージャー
中里 昌弘 氏

 その背景にあるのは何か。GMOインターネット システム本部 クラウドサービス開発部 ネットワークプロダクトチーム マネージャー 中里 昌弘 氏は「既存のクラウドサービスは、企業特有の要件にきめ細かく対応できていないからではないでしょうか」と指摘する。

「エンタープライズのお客さまがクラウド利用を検討しても、自社の細かい要件に対応したり、既存のオンプレ環境と併用したり、といったニーズを満たせないということが少なくありません。また、自社だけでクラウドへのシステム移行や管理までできる企業はあまり多くなく、支援が必要にもかかわらず、いわゆるパブリッククラウドサービスはセルフサービスが多いという問題もあります」(中里氏)

この続きは会員限定です