開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アセンテック株式会社、Atrust Computer Corp.提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2017/09/15

【事例】医薬品の安定供給と営業社員の働き方改革をシンクライアントで実現する

バイタルネットは、東北6県、および新潟県を中心に関東圏まで、医薬品の供給を始め、地域に密着したヘルスケアサービスの提供を幅広く行っている。同社は、今に至るまで企業における大きな課題となっている情報漏えい課題とPC環境における運用管理課題への対応を検討していた。さらに、必要な医薬品を必要な時に、必要な量を適切に提供する必要があるため、BCPへの対応も不可欠であった。そこで同社は2010年に社内システムの仮想デスクトップ化を実現。いかなる場所や時間であってもアクセス可能な仮想デスクトップおよびシンクライアントソリューションは、情報漏えい、運用管理、BCPの3つの課題を解決した。さらに、同社の営業部門も仮想デスクトップを導入した。シンクライアントがバイタルネットにもたらした変革を掘り下げる。

photo
バイタルネットはシンクライアントで3つの課題を解決した
(© chombosan – Fotolia)


「地域・コミュニティのヘルスケアパートナー」 バイタルネット

 バイタルケーエスケー・ホールディングスは、同社と、その中核事業会社であるバイタルネット、ケーエスケーなどで構成されています。そのうち、仮想デスクトップを導入、活用し、今回もいち早く、先進的なAtrust製品を導入したのがバイタルネットです。

 バイタルネットは、東北6県、および新潟県を中心に関東圏まで、医薬品の供給を始め、地域に密着したヘルスケアサービスの提供を幅広く行っています。コア事業は、1万種類以上の医薬品を、病院、調剤薬局、一般薬局へ提供する医薬品卸売事業であり、これに加え、介護サービスや自社ヘルスケアブランド製品の提供などにも及び、「地域・コミュニティのヘルスケアパートナー」として、地域に欠かすことのできない、ヘルスケア中核企業として重要な役割を担っています。

どんな時も継続的に医薬品を提供し続ける
バイタルネットを支える情報システムインフラ

 バイタルネットは、2010年、いち早く社内システムの仮想デスクトップ化を実現しました。この背景には、いまに至るまで企業において大きな課題となっている情報漏えい課題に加え、PC環境における運用管理課題の解決という側面が大きかったと言えます。53もの拠点に対して、限られた人数での運用管理業務は非常に煩雑なものであり、潜在的に極めて大きなコストとなっていました。

 さらに大きな背景となっていたのは、BCP(事業継続計画)の側面です。これについて株式会社バイタルエスケー・ホールディングス取締役 一條 宏氏は次のように語っています。

「医療品卸は、必要な医薬品を必要な時に、必要な量を適切に提供する使命があります。これは、医薬品を必要とする多くの方々の生命に大きく関わる事柄であり、一つのライフラインと言ってもよい役割を担っています。バイタルネットの情報システムインフラは、どのような非常時でも継続的に、常に適切に稼働し、この医薬品インフラを支えなければなりません。

 このため、必要なリソース、データをサーバ側に集約、分散したデータセンターで管理を行い、また、端末側においては、必要な情報に対し、いかなる場所や時間であってもアクセス可能な仮想デスクトップおよびシンクライアントソリューションは、まさにBCPの側面でも申し分のないものであり、いち早くバイタルネットが仮想デスクトップを採用した、一つの大きな側面と言えるでしょう。」

新たに営業部門が仮想デスクトップ導入へ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!