開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アルケー情報株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/06/01

物流業界の”乾いた雑巾”を絞るのに「音声ソリューション」が最適な理由

物流業界の人手不足は深刻だ。ヤマト運輸や佐川急便などの運送会社は、ドライバーの長時間労働是正を背景とした「総量抑制」に取り組んでいる。どの企業にとっても、物流の効率化は永遠のテーマである。しかし、大規模な投資による物流システムの改革は、中堅・中小企業にとって現実的ではない。「業務を変えず」「大きな設備投資を必要としない」で物流の効率化を実現するには、どのような手段があるのだろうか。

photo
スマートスピーカーなどでも注目される「音声」のイノベーションが物流業界の救世主となるか
(©pagnacco - Fotolia)

人手不足がもたらす負のスパイラル

 自前の倉庫を持つ製造業や卸売業、小売業などの企業にとって、物流効率化は大きな課題だ。たとえば、一般的な消費財を扱う卸売業の物流業務のフローは以下のとおりとなる。

・顧客企業から注文が入る
  ↓
・倉庫で該当商品をピッキングする
  ↓
・箱詰めして出荷準備し、運送会社に荷物を預ける
  ↓
・運送会社が顧客先まで荷物を配送する

 ヤマト運輸や佐川急便に代表される運送会社は今、人材不足やドライバーの長時間労働是正などを背景に、運賃の値上げや集荷時間の短縮を検討・実施している。その場合、たとえば19時までだった集荷時間が17時に繰り上がると、それに対応するためにはメーカーや卸(おろし)の倉庫で働く人員を増やすなど、なんらかの対策をとらなければならない。

 しかし、メーカーや卸側でも慢性的な倉庫内作業員の不足に陥っているのが現状だ。これまでと同じ時給でアルバイトを雇おうとしても、思うように人材は確保できない。かといって今のご時世、現有人員の長時間労働で対応することも難しいはずだ。つまり、物流業界では、今ある人員、施設、設備を有効活用しながら、生産性を向上させることが求められているのだ。
この記事の続き >>
・すでに努力し尽くした「効率化」、これ以上何をすればよいのか
・ピッキング作業30%短縮、人件費に換算して大きなコスト削減効果
・DMM.com Baseでは作業ミスを「根絶」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!