開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社サテライトオフィス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/06/21

VPNではクラウドとモバイルを生かしきれない?働き方変える「真の」セキュリティとは

「働き方改革」に取り組む企業にとって、クラウドとモバイルの活用は不可欠だ。時間や場所に制約されず、生産性の高い多様な働き方を実現するには、クラウドとモバイルが欠かせないからだ。ところが、従来のセキュリティ対策では、クラウドとモバイルのメリットを十分に引き出せない可能性がある。それはなぜなのか。それが事実だとすれば、どのような対策でクラウドとモバイルのメリットを引き出せるのか。「働き方改革」の足を引っ張りかねない、従来のセキュリティ対策の課題と解決策をまとめた。

photo
クラウドとモバイルの活用というとVPNが思い浮かぶが、実は考えるべきことがある
(© Smeilov - Fotolia)

境界型セキュリティが「働き方改革」の足を引っ張る?

 現在、多くの企業が働き方改革に取り組んでいる。働き方改革に「本気で」取り組む企業は、残業時間の削減にとどまらず、1人ひとりの従業員の生産性を向上させ、多様な働き方ができる環境を整備して、多様で優秀な人材を確保しようとしている。

 そこで必要になるのが、クラウドとモバイルの活用だ。たとえば、クラウドとモバイルを組み合わせ、社外でも資料を閲覧・編集できるようにしたり、テレビ会議システムでミーティングしたりすることは、すでに多くの企業が取り組んでいることだ。

 ところが、クラウドのメリットを100%引き出せていないケースも見受けられる。典型的な例が、社外のノートPCからVPNで社内ネットワークに接続し、そこから外部のクラウドを活用するケースだ。

 セキュリティ対策でこうした方法をとるわけだが、社外から社外のクラウドサービスにアクセスすると、セキュリティボリシーを適用できない。そこで、わざわざVPNで社外の端末を社内ネットワークに参加させ、そこから社外のクラウドにアクセスすることでセキュリティボリシーを適用している。

 しかし、これではクラウドとモバイルのメリットを生かせない。なぜなら、ユーザーは端末を起動するたびにVPNを起動しなければならず、利用できるクラウドサービスも制限される可能性があるからだ。こうした現実は、社内と社外でネットワークを分けて、その境界を保護して脅威の侵入を防ぐ「境界型セキュリティ」の限界を示しているとも言える。

 つまり、既存のセキュリティの仕組みが働き方改革の足を引っ張り、ひいては企業の成長そのものを阻害する可能性さえあるのだ。では、クラウドとモバイルのメリットを100%引き出すには、どのようなセキュリティ対策を採用すべきなのか。

この記事の続き >>
・DNSサーバを活用してセキュリティ機能を提供する
・国内外の複数拠点に一貫したセキュリティ対策を展開
・URLフィルタリング搭載、アクセス可視化も実現

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!