開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社サテライトオフィス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/07/25

もはや「境界を守る」だけでは不十分、新時代の脅威にセキュリティをどう見直す?

クラウドとモバイルの広がり、そしてサイバー攻撃の複雑化・巧妙化は、企業における「境界型セキュリティ」の考え方に根本的な変革を迫っている。もはや、社内/社外の境界を強固にし、侵入を防いで内部を守る対策だけでは、セキュリティを担保することは困難な時代に突入したのである。では境界型セキュリティでカバーできない脅威に対して、どう対処すればよいのだろうか。具体的な方法を整理しよう。

photo
セキュリティ対策に根本的な変革が迫られている
(©sdecoret - Fotolia)

境界型セキュリティだけでは守れない時代へ

 これまで企業のセキュリティ対策は、「境界型モデル」を前提としていた。社内と社外のネットワークを分け、その境界を保護することで、脅威の侵入を防ごうとするのが、その基本的な考え方だ。境界線上にファイアウォールやプロキシサーバ、IPS/IDSなどの機器を設置し、通信を制限したり、URLフィルタリングを実施したりといった対策は、すべて境界型モデルの対策だ。

 しかし、このモデルは現在、2つの観点で限界を迎えている。

 1つはビジネスにおけるクラウドの広がりだ。Office 365やG Suite、Amazon Web Services(AWS)など、クラウド型のサービスを業務で使うのが当たり前になった今、従業員の多くは社内/社外を行き来しながら、重要なテータにアクセスしたり、アプリケーションを利用したりするようになった。このため、境界の内側だけを守っていても、企業のセキュリティを守ることは難しくなった。

 もう1つは、脅威の複雑化・巧妙化だ。毎日、膨大な数の新種のマルウェアが作られ、従来のシグネチャ型の対策では、未知のマルウェアを発見することは難しくなった。次々と登場するフィッシングサイト、特定の企業を狙った標的型攻撃などの深刻な現実を前に、境界で脅威を100%防ぐことは不可能であり、侵入されていることを前提に対策すべきというのが、現在の常識となっている。

 もちろん、だからといって、境界型のセキュリティ対策が不要になったわけではない。引き続き境界型のセキュリティ対策は実施しつつ、それだけではカバーできない脅威に対して、どう対処するかが求められているのである。

 では、具体的にどのような対策が考えられるのだろうか。

この記事の続き >>
・セキュリティとは無関係だった「DNSサーバ」がカギになる?
・ハードウェア不要、導入が簡単にもかかわらず、未知のマルウェアをブロック
・月額数百円でセキュリティ専門の研究組織のインテリジェンスを利用可能

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!