開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Dropbox提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/08/01

なぜ我々は「現場で使えない」クラウドストレージを選んでしまうのか

企業システムのクラウド化は、いまや大きなトレンドだ。中でもファイルサーバは、業界・業種を問わずクラウド化しやすいシステムといえる。仕組みがシンプルで、移行も比較的容易だからだ。しかし、だからこそ情シスが陥りやすい落とし穴がある。いったいその落とし穴とは何か?

photo
従業員がどんなデバイスでもクラウドストレージをストレスなく自在に使いこなせれば、生産性は向上するだろう
(©ra2 studio - Fotolia)

安ければいいのか、高セキュリティならばいいのか

 今、多くの企業が、自社システムのクラウド化を進めている。中でもファイルサーバのクラウド化、つまりクラウドストレージの導入は、業界・業種を問わず効果が大きい。システムがシンプルで移行が容易、かつ利用者が多くクラウドの成果を実感しやすいのがその理由だろう。

 だがそのクラウド化、情シスだけの観点で進めてはいないだろうか?

 法人向けクラウドストレージにまず求められる要件といえば、高いセキュリティ・管理機能である。個人向けとは違い、見積書や請求書、個人情報等の機密情報の含まれたファイルを保存・共有する以上、その点をないがしろにすることはできない。暗号化やログ機能、ユーザーごとの共有設定などが必要となる。

 また、料金も検討項目に含まれるだろう。ストレージの総容量と月額の料金を照らし合わせて、もしかすると無料のクラウドストレージを選ぶケースもあるかもしれない。

 しかしこのように比較して選定する際、従業員にとっての使いやすさにどれくらい比重が置かれているだろうか?

 たとえば無料のクラウドストレージの中には、OSによって動作にムラがあるものもあり、マルチデバイスではストレスとなるものもある。また、たとえば建設業などLAN環境が脆弱な場所での活動が考えられる業種の場合は、その点も忘れてはならない。オフィスでは使えても、「作業現場では使えない」という事態になりかねない。

 さらに、快適なUI(ユーザーインターフェース)も忘れてはならない。情シスだけでなく、ITリテラシーがあまり高くない従業員でも自在に使えるようでなければ、利用率は上がらず、真に現場の課題は解決できないだろう。もちろん、コンシューマー向けのストレージは比較的UIが優れているが、一方でセキュリティの不安が拭えない。

この記事の続き >>
・5億人に受け入れられたUI(ユーザーインターフェース)とは?
・特許を取得した2つの同期技術
・なぜ大手教育機関は3万人に一斉導入できたのか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!