開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/08/08

九州三菱自動車販売の「接客の質」を大きく変えた、基幹システムとOSSの連携

自動車のディーラーにとって、自動車は販売したら終わりではない。その後の法定点検や保守・整備などを通じて、顧客と良好な関係を築くことは、非常に重要な取り組みだ。九州北部に拠点を置く九州三菱自動車販売は、来店顧客の車のナンバープレートを読み取り、基幹システムと連携して顧客情報をリアルタイムに取得・通知するシステムを開発し、接客のクオリティを大幅に向上させることに成功した。そこで活躍したのが、基幹システムとオープンソースソフトウェア(OSS)の組み合わせだった。

接客の質を高めるため、ナンバープレートの読取・認識・通知システムを検討

photo
九州三菱自動車販売
電算室 開発課マネージャー
稲葉 剛氏

 九州三菱自動車販売は、三菱・スズキの自動車の販売・整備等を手がける独立系の自動車ディーラーだ。従業員数は約1220名で、九州北部を中心に80拠点を展開している。三菱自動車が進める電気自動車(EV)の充電設備や情報発信の場となる次世代店舗「電動DRIVE STATION」を、同社でも積極的に展開している。

 接客対応のさらなる向上を目指す同社では、ナンバープレートをカメラで読み取って、顧客情報を照会するシステムを検討していた。これは、顧客が販売店を訪れた際、車のナンバーを読み取ってデータベースを参照し、顧客情報や来店目的を把握することで、接客に活かすシステムだ。

 自動車ディーラーにおいて、こうしたシステムは珍しくはなく、すでにパッケージも販売されている。ただし、既存のパッケージでは同社のニーズを満たせなかったと、同社 電算室 開発課マネージャー 稲葉 剛氏は、次のように説明する。

「一般的なパッケージでは、1台のPCに画像解析・認識用の専用ソフトを導入し、さらに毎日、顧客データをCSVファイル等で取り込んでおく必要があります。しかし、弊社では複数台のPCで同時に情報を表示したいと考えていました。また、実際の現場では、担当者がPCの前に座っていることはほとんどないため、席にいなくても担当者に通知する仕組みも必要でした」(稲葉氏)

 また、システム管理者の立場からは、重要な顧客データをPCに保存しなければならないこともセキュリティーの観点で問題だった。

「したがって、必要なときだけ基幹システムのDBから顧客情報を取得し、PCにはデータを残さないこと。さらに、基幹システムに負荷をかけないことも重要な条件でした」(稲葉氏)

この記事の続き >>
・浮かび上がった3つの技術的課題、どうクリアするか?
・基幹システムにOSSのNode.jsを導入、チャットの仕組みをヒントに各PCへのプッシュ通知を実現
・OSSに対応した基幹システムのため、外部システムとの連携もスムーズ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!