開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/09/06

なぜリコーと英会話の NOVA は「スムーズなクラウド移行」ができたのか?

クラウドのメリットが企業の間で広く認知された結果、近年では自社の基幹システムや、重要サービスの基盤にパブリッククラウドを積極的に採用する例も増えてきた。こうした企業は、自社のビジネスにとって極めて重要なシステムをクラウドに委ねたことになる。クラウド移行するに当たり、どんなことを考え、そして実際にどんなメリットを手に入れることができたのだろうか? テレビ・Web会議システムなどを手掛けるリコーと、英会話教室のNOVAホールディングスの事例を紹介する。

photo
リコー
プラットフォーム統括本部 RSI開発センター PF開発室
インフラグループスペシャリスト
神田博之氏

クラウド移行で可用性と柔軟性の向上を図る

 ビジネス環境の変化が激しいデジタル変革時代、クラウドをはじめとした「柔軟なITインフラ」の構築が必要であるという意見に異論を唱える人は少ないはずだ。

 それでも後手に回りがちな「自社システムのクラウド移行」に成功した企業は、一体どのような方法でシステムの再構築を成功させたのだろうか。

 リコーでは、グローバルに展開する企業向けテレビ・Web会議システム「RICOH UCS」のサービス基盤にパブリッククラウドを選択した。

 クラウド移行を担った、リコー プラットフォーム統括本部 RSI開発センター PF開発室 インフラグループスペシャリスト 神田博之氏は、なぜパブリッククラウドを選択し、どのように移行したのだろうか。

 神田氏が自社のシステムを見直すきっかけになったのは、システム障害だったという。2011年にプライベートクラウド環境上でサービス提供を開始したRICOH UCSだが、2015年にプライベートクラウド基盤の大規模障害が発生してしまう。

 ラック単位で冗長化していたにも関わらず、数時間に渡るサービス停止を招いてしまったのだ。このことから、システム基盤の可用性を見直す必要性に迫られた。
この記事の続き >>
・オンプレミスの仮想マシンをシームレスに移行できた方法
・NOVA システム本部長が語る、基幹システムをクラウドに移行した狙い
・グローバル企業のクラウド構築は何がポイントなのか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!