開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アセンテック株式会社、シネックスインフォテック株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/10/31

「いつでも・どこでも」の働き方改革、実はかなりハードルが下がっている理由

2018年6月29日、「働き方改革関連法案」が成立し、いよいよ改革が本格化する。従業員の多様な働き方を支援し、人材流出を防ぐため、企業には制度や仕組みの面でさまざまな対応が求められる。中でも重要なのが「いつでも、どこでも働ける」環境の整備だ。そのためには、テレワークや在宅勤務、モバイルワークを実現するITの活用が欠かせない。そこで、社外でも社内と同様に働けることを実現するITとその整備方法をお教えする。

photo
人材流出を止めるには働き方改革が必要だが、どうやって実現する?
(© Rapeepat - Fotolia)

働き方改革関連法案で見えてきた「人材流出の止め方」

 「働き方改革関連法案」では、「残業時間の上限規制」「同一労働同一賃金」「有給休暇の消化義務」が定められ、2019年4月から順次施行されていく予定だ(※注1)。

※注1:残業時間の上限規制の施行時期は、大企業が2019年4月、中小企業は2020年4月となっている。項目、大企業・中小企業によって施行時期には違いがある。

 それに伴って、企業側にはさまざまな対応が求められる。人事制度の改革はもちろん、労務管理や賃金制度、オフィスのレイアウトなども改革の対象となるだろう。

 関連法案の多くが「労働者を守る」視点に立っている。それは企業側にとっても重要な意味を持つ。労働人口が減少する中、働きやすい環境を整備して優秀な従業員を確保することは、企業の存続に関わる重大な問題だからだ。たとえば、親の介護のために経験豊富な40代、50代のベテラン社員が離職したり、子育てのために将来有望な人材が働けなくなったりすることは、企業にとっても損失に他ならない。

この記事の続き >>
・ユーザーの利便性を犠牲にせずセキュリティを維持
・テレワーク環境を実現するVDI導入の3つのメリットと1つのデメリット
・VDI環境を小さく実現する方法とは?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!